ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
偏差値30からケンブリッジに受かった「ラクすぎる」努力術 努力が勝手に続いてしまう。
【第4回】 2015年1月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
塚本亮

暗記しようとせずに暗記するとは?
3か月で5000語も覚えてしまった「独特の記憶術」

1
nextpage

勉強をするときに、いちばん面倒でいやな気分がするのが「暗記」です。退屈なうえ、なかなか覚えられずにイライラしたりするものです。しかし、偏差値30から大の苦手の英語を克服して名門ケンブリッジ大学大学院に受かった塚本亮氏は、新刊『努力が勝手に続いてしまう。』の中で、「暗記なんて簡単」で「むしろ楽しい」と言っています。塚本氏は、いったいどのようにして暗記をしているのでしょうか?

「しなければ」と思うから暗記できない

 何かを勉強しようというとき、暗記はかなりしんどい努力を要すると「誤解」されています

 勉強でも仕事でも、とにかく何かを覚えないと始まらないという場面はたくさんあります。英単語はまさにその代表格ですが、仕事でも、プレゼンのためにいろんな数字やファクトを頭に入れなくてはいけない場面などがあるでしょう。

 私も経験がありますが、暗記という作業は単調なので、むきになって暗記をしようとすればするほど、何度やっても暗記できない自分に腹が立ったりしてストレスになりがちです。

 私は、「ケンブリッジの大学院に行きたい」と思い立ったとき、まずは身近な参考書に取り組んでみたのですが、英語圏の大学院を目指すレベルの参考書の単語がまったくわかりませんでした。

 そんな程度の単語が暗記できなければ話にもならないのに、それがなかなかできない。「しなければいけないのにできない」ということがストレスになり、苦手意識も手伝ってさらに暗記ができない、したくない、という悪循環に陥ってしまいました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    捨てる力 ブッダの問題解決入門

    捨てる力 ブッダの問題解決入門

    大喜多健吾 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    多くのビジネスパースンが抱える悩みは、「煩悩、偏見、執着」に捉われているせいです。ブッダの教えにしたがって、「煩悩」を静め、[偏見」を捨て、「執着」を手放せば、本当に必要なものが手に入り、人生は好転し始めます。仏教の教えを問題解決の方法に応用した初のビジネス書。

    本を購入する
    著者セミナー・予定

    (POSデータ調べ、8/13~8/19)



    塚本亮 

     

    ケンブリッジ大学大学院修士課程修了(専攻は心理学)。偏差値30台、退学寸前の問題児から同志社大学経済学部を卒業。その後ケンブリッジで心理学を学び、帰国後、京都にて英会話スクール、ジーエルアカデミア設立。心理学の知見と自身の学習経験を生かした指導法が注目され、国内外から指導依頼が殺到。学生から社会人までのべ100人以上の日本人をケンブリッジ大学、ロンドン大学をはじめとする海外トップ大学・大学院に合格させている。

     


    偏差値30からケンブリッジに受かった「ラクすぎる」努力術 努力が勝手に続いてしまう。

    毎日、少しずつ努力を続けようと思っているのに、何となく頑張れなかったり、気がつくと挫折してしまったりという経験はありませんか? 偏差値30の問題児から一変してケンブリッジ大学院に合格し、いまは自ら主宰するスクールで次々と世界のトップスクールの合格者を輩出しているという塚本さんが「努力が勝手に続いてしまう」方法を紹介します。

    「偏差値30からケンブリッジに受かった「ラクすぎる」努力術 努力が勝手に続いてしまう。」

    ⇒バックナンバー一覧