ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
次に来るスタートアップはこれだ!

世界ではビットコインはまだ終わっていない!
熱視線集める「ビットペイ」「ブロックストリーム」

ダイヤモンド・オンライン編集部
【第3回】 2015年1月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「マウントゴックスの破綻は、確かに衝撃だったが、それは新しい業界にはつきもので、そういうことも起こる。依然としてシリコンバレーではビットコインに対する注目度は高い」

 そう語るのは、ネイサン・ペイサー氏。Venture Scannerのビットコイン担当アナリストを務めている。

 「Venture Scanner」はシリコンバレーを拠点に、ベンチャー企業に対するコンサルティングや育成をするNSV(NetService Ventures)の提供する投資家、金融関係者、事業者向けのスタートアップ情報を提供するウェブサービス。同サイトでフォローするビットコインに関係する企業は578社で、ビットコインウォレットやビットコインインフラストラクチャーなど、12のカテゴリーに分けられている。

 今回紹介する2社はいずれもビットコインでビジネスをするスタートアップで、1社目はインターネット上で物やサービスを販売する小売り業者などに、ビットコインでの支払いを可能にするアプリケーションを展開する「ビットペイ(BitPay)」。2社目は、世界中のビットコインで支払いをする人たちの取引ログ(台帳、もしくは帳簿のようなもので「ブロックチェーン」と呼ばれる)を拡張させるシステムを開発している「ブロックストリーム(Blockstream)だ。

 マウントゴックスの破綻によって、日本ではビットコインに関してメディアではほとんど見かけなくなった。「すでに終わったもの」として片付けられつつあるように思えるが、世界ではまだまだ注目を集めている。

 2社の特徴を解説する前に、まずはビットコインに関して簡単におさらいしておこう。

国や中央銀行に影響されない
ネット上の仮想通貨「ビットコイン」

 ビットコインはインターネット上で使用される通貨。2009年にナカモトサトシという謎の人物の論文に基づいて構築、運用され始めた仮想通貨だ。ビットコインで買い物をするときは、英文字や数字を組み合わせた支払先のアドレスに、自分が開設したビットコイン口座から送金する。すべてのプロセスはインターネット上で行われる。

 普段私たちが物やサービスを購入する為に使っている通貨は、国という枠組みのなかで運用されている。日本であれば円だし、米国であれば米ドル。ビットコインは、この国という枠組みとはいっさい関係ない。つまり、ビットコインは各国の中央銀行の政策や経済状況に依存していないのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


次に来るスタートアップはこれだ!

本連載は、シリコンバレーを拠点にベンチャー企業に対するコンサルティングや育成をするNSV(NetService Ventures、http://nsv.com/japan/)と連携。シリコンバレーで注目されているスタートアップを毎回の連載で紹介していく。取り上げるのは、同社が運営しているスタートアップに関する情報を発信する有料ウェブサービス、「Venture Scanner」のアナリストたちが、あまり人に教えたくないと思うような“次に来る”スタートアップだ。

「次に来るスタートアップはこれだ!」

⇒バックナンバー一覧