ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
外資系リーダーが日本を変える

会議全廃のすすめ~御社の生産性を下げているのは無駄な会議です

西口一希・ロート製薬 執行役員

GAISHIKEI LEADERS
【第14回】 2015年1月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

日本の労働生産性が低いといわれて久しい。その原因の一つは間違いなく、会議の乱用にある。会議に出れば仕事をしている感があるが、その時間が実は自らの生産性を著しく下げていることに気づくはず。グローバル企業から日本企業に転身した西口一希・ロート製薬執行役員は「定例会議の80%は無駄である」と喝破、生産性向上の第一歩として、会議全廃を推進する。

意思決定のスローダウン

 「定例会議の80%は無駄である」というものの、決してコミュニケーションを否定して、孤独に仕事しようというわけではありません。人と人が顔を合わせて議論するメリットは十分わかります。思考が深まり、よりよいアイデアが出ることも経験しましたし、運用次第でアウトプットは大きく変わります。

西口一希(にしぐち・かずき)
ロート製薬 執行役員

1990年大阪大学経済学部卒業、P&Gマーケティング本部入社、ブランドマネージャー、マーケティングディレクターを経て、2006年ロート製薬に入社。肌ラボ、オバジ、OXY、デオウ、目薬など、ビューティ-&ヘルスケア分野で40以上のブランドを担当。GAISHIKEI LEADERSのサポートメンバーとしても活躍する。

 問題は、「会議ありきの組織運営」。それが目的化して、生産性を蝕む課題の温床になっているのです。

 そもそもの目的が何であれ会議が定例化すると、そこが意思決定の場となり、会議を「待つ姿勢」を組織内に生み出します。結果、現場は即対応すべき課題の解決を先延ばしして、次の会議を待つようになる。こうして意思決定のスローダウンが組織に蔓延します。

 それは、戦争中、目の前の敵に対して攻撃すべきか撤退すべきかの意思決定を来週の幹部会議の議題に挙げるようなものです。現場で課題や機会が見えた「今」こそが、真剣に考えてアクションを決定し、実行するタイミングです。ところが会議が定例化すればするほど、課題に対するアクション策定も実行スピードも落ちます。

 また、会議は成長のチャンスも奪います。目の前に課題があり、自分で考え、意思決定し、アクションを起こして、責任を取らざるを得ない待ったなしの「修羅場」こそ、個人の成長にとって非常に重要な経験なのですが、会議が逃げ道となり、成長の機会となるべき「修羅場」を現場から奪ってしまうのです。

職務責任のレベルダウン

 そうした思考様式が常態化すると、それぞれの職務レベルが自らの意思決定事項を棚上げにします。自分で処すべき事柄を上長が参加する会議に持ち込み判断を仰ぐのです。

次のページ>> 思考停止の温床
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック
GAISHIKEI LEADERSは、外資系企業での仕事等を通じて日々グローバル社会とかかわってきたメンバーが、自らの『和魂洋才』を一層磨き上げ、社内外で活用し、グローバル社会と調和した、開かれた元気な日本の未来を実現することを目指し、設立されたコミュニティ・プロジェクトです。『和魂洋才』の梁山泊となり、日本社会・日本企業の多様性の欠如や視野狭窄、長期停滞等の課題に対して、新たな視点での解決策を提案し、政治・経済・教育の各分野から日本社会に変革を起こしていくことをゴールとして活動を展開しています。

HP「GAISHIKEI LEADERS


外資系リーダーが日本を変える

真のグローバル経営を経験してきたビジネス・リーダーが、日本社会・日本企業の多様性の欠如や視野狭窄、長期停滞などの課題に対し新たな視点での解決策を提案し、政治・経済・教育の各分野から日本社会に変革を起こしていくことをゴールとして活動する「GAISHIKEI LEADERS」。そのメンバーが、日本企業にとって最優先課題といえる「経営のグローバル化」について各自の経験と知見に基づき、グローバル規模の仕組みを理解し、日本のユニークな強みをそれと調和させた上で一層輝かせていくための新しい「グローバル経営論」を解説します。

「外資系リーダーが日本を変える」

⇒バックナンバー一覧