ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
日本と世界の重要論点2015

【2015年のスポーツ】
錦織圭、サッカーアジア杯・女子W杯…注目イベント&選手は?

相沢光一 [スポーツライター]
【第10回】 2015年1月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

注目度No.1は文句なしで錦織圭
4大大会優勝なるか?

 今年、日本のスポーツファンの熱い視線を浴び続けるのは、いうまでもなくプロテニスの錦織圭だろう。

 2015年の初戦はATPツアー開幕戦のブリスベン国際(オーストラリア)に出場。シングルスでベスト4の成績を残し、ダブルスでは準優勝を飾った。

 昨年のこの大会でもベスト4に入ったものの当時の世界ランキングは17位。まだ、それほど注目されていなかった。だが、2月の全米国際インドアテニス選手権で優勝、そして3月のマイアミ・マスターズ(優勝者に1000ポイントが与えられるグレードの高い大会)で世界ランク(当時)4位のダビド・フェレール(スペイン)、5位のロジャー・フェデラー(スイス)を破ってベスト4に入ると、ひと皮むけたようにトップ10の選手とも対等の試合を見せるようになった。

 5月のマドリード・マスターズではミロシュ・ラオニッチ(カナダ)、フェレールというトップ10ランカーを破って準優勝。7月のウインブルドン選手権も苦手のグラスコートにもかかわらずベスト16、そして9月の全米オープンでは世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)を準決勝で破って準優勝という快挙を達成した。

 世界ランキングも男子では夢のまた夢と思われたトップ10入りを果たし、5位まで上昇。世界のトップ8人だけが出場できる11月のATPワールドツアー・ファイナルにも出場しベスト4に入った。

 今振り返ると昨年1年間の錦織の上昇度はすごい。全米準優勝時「勝てない相手はもういない」と語ったが、ビッグ4といわれるジョコビッチ、フェデラー、ナダル、マレーの一角に食い込める実力をつけているといっていいだろう。今年は4大大会優勝という夢が現実になる可能性は十分あるだろう。

 今年の4大大会は全豪が1月19日から、全仏が5月24日から、ウインブルドン選手権が6月29日から、全米が8月31日から行われる。まず注目したいのが今月19日からの全豪。錦織が得意とするハードコートでもあり、ここでいきなり快挙を見せてほしいところだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

相沢光一 [スポーツライター]

1956年埼玉県生まれ。野球、サッカーはもとより、マスコミに取り上げられる機会が少ないスポーツも地道に取材。そのためオリンピックイヤーは忙しくなる。著書にはアメリカンフットボールのチーム作りを描いた『勝利者』などがある。高校スポーツの競技別・県別ランキングをデータベース化したホームページも運営。 「高校スポーツウルトラランキング」


日本と世界の重要論点2015

2015年、国内では14年末の総選挙で与党が大勝し第三次安倍内閣が発足、長期安定政権の誕生で政策課題への取り組みの進捗が注目を集める。国際的には中東で「イスラム国」が台頭、経済制裁とルーブル暴落でロシア情勢が不安定化し、国際政治は混迷が深まりそうだ。そんな状況下の2015年、重要論点ごとに、その課題と展望を探る。

「日本と世界の重要論点2015」

⇒バックナンバー一覧