ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『週刊ダイヤモンド』特別レポート

米投資部門の黒子が明かす
孫正義も知らぬソフトバンクの“先物買い”

――スティーブ・マーレイ(米ソフトバンクキャピタル パートナー)インタビュー

週刊ダイヤモンド編集部
2015年1月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ソフトバンク・キャピタルは、ベンチャー企業を掘り起こす米投資専門会社だ。孫正義社長もあずかり知らないところで、キラリと光る出資先を探す仕事について、同社役員がじっくり語った。(聞き手/「週刊ダイヤモンド」編集部 後藤直義)

──ソフトバンク・キャピタルでは、いつから働いているんですか?

ソフトバンクキャピタルのパートナー(役員)、スティーブ・マーレイ氏
Photo by Naoyoshi Goto

 いやあ、あまりに昔のことで忘れてしまいました(笑)。孫さんと古くからの盟友であるロナルド・フィッシャー取締役兼ソフトバンク・キャピタル社長に採用されて、私は1998年から投資部門で働いています。当時からテクノロジーの進歩について非常に熱心な会社だったことを記憶しています。

 現在のソフトバンク・キャピタルは、米国でニューヨーク、ボストン、シリコンバレーにオフィスを構えており、IT産業の3大拠点をカバーしています。合計10人でほどからなる投資の専門家でチームを組んでおり、主にアーリーステージ(早期段階)のベンチャー企業に投資をするベンチャーキャピタルです。

 運用資金の規模は500億円以上になります。さまざまな種類のフォンドを通じて投資を分散させています。1社につき1~2億円から最大25億円を投じており、現在も継続している投資ポートフォリオは約60社の企業で構成されています。テクノロジーで時代を変えるようなベンチャー企業を、常に情熱を持って探しています。

──孫社長はベンチャーキャピタルの出資にどの程度関わっているのですか?

 ベンチャー企業への個々の投資判断は、それぞれ各チームが独立して責任をもっています。ただしソフトバンク本社とも常に情報交換はしています。どんなポートフォリオを組んで、どういう状況にあるのか。回収をどのタイミングで行うか、常に情報はアップデートしていますよ。

 さまざまなファンドを通じて利益を上げているので、全体の利益率についてはここで明言できないのですが、上手にやっていると言えるはずです。

──どのようなベンチャー企業に出資しているのですか?

米国の有望なベンチャー企業を中心に、約60社に投資をしている

 例えば、ソーシャルニュースの分野で先駆けになった「ハフィントン・ポスト」は出資先でした。さらに、ソーシャル上で拡散するバイラルニュースを提供する「バズフィード(BUZZ FEED)」は、最も初期の段階から投資を続けています。広告やプロモーションを上手にニュースや物語の中に入れ込んで、ユーザーに届けています。

 実はバズフィードの創業者のジョナ・ペレッティは、かつてハフィントン・ポストで働いていたチーフ・テクノロジー・オフィサーでした。そこで出資した際の信頼関係があったので、相手の方から「こんど俺が新しいことをやるときには、ぜひとも最初の投資家になってほしい」と声を掛けてくれました。だから最初の投資チャンスをものにできたんです。

 その他にも、フランスに本社がある「クリテオ(criteo)」も出資先ですよ。ソフトバンクの子会社であるヤフージャパンと連携して、その広告技術は存分に生かされています。人気の高いリストバンド型の健康管理機器を売り出す「フィットビット(Fit bit)」は私も経営陣に参画しており、お気に入りの銘柄なんです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


『週刊ダイヤモンド』特別レポート

『週刊ダイヤモンド』編集部厳選の特別寄稿と編集部による取材レポートを掲載。本誌と連動した様々なテーマで、経済・世相の「いま」を掘り下げていきます。

「『週刊ダイヤモンド』特別レポート」

⇒バックナンバー一覧