ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

中国国有企業に6000億円
伊藤忠が投じる大きな賭け

週刊ダイヤモンド編集部
2015年1月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 伊藤忠商事は、中国最大の国有企業、中国中信(CITIC)へ6000億円にも上る巨額出資を決めた。

中国国有企業CITICへの6000億円の出資を決め、記者会見に臨む岡藤正広・伊藤忠商事社長
Photo by Ayako Suga

 伊藤忠は昨年9月に、タイの華僑系財閥チャロン・ポカパン(CP)グループと、1000億円規模の株式を相互に持ち合う形で資本提携しており、今回はそのCPが仲を取り持った形だ。

 CPと共にCITICに総額で1兆2040億円を投じ、発行済み株式の20%を保有する。うち伊藤忠の出資分は6000億円。伊藤忠によると、中国政府が進める国有企業改革に伴う外資受け入れの第1号案件だという。

 1月20日に東京都内で会見した伊藤忠の岡藤正広社長は、“いい投資”であることを強調した。

 その理由は三つある。まず一つ目は、新規ビジネスの創出による事業の拡大だ。世界的なネットワークを持つ伊藤忠、東南アジアで食料や農業に強いCP、そして中国で金融を手掛けるCITICの3社が組むことで、アジアにおけるさまざまなビジネスを創出するという。

 そして二つ目は、連結純利益の拡大だ。今回、CPとの共同出資会社を通じて、伊藤忠は6000億円の出資に対して、CITICからの取り込み利益が700億~800億円に上る計算だ。

 そして三つ目が、中国の国有企業へ出資できたこと。「誰にでも出資できる案件ではない」(岡藤社長)といい、中国における伊藤忠の実績や、CPとの関係があったからこそ実現できたという。

次のページ>> 株式市場は評価せず
1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧