ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

新型マツダ「ロードスター」
世界初の公道試乗会レポート(下)

スペインで感じた「原点回帰」の真実

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第196回】 2015年2月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

※(上)から続く

「感」を裏打ちする
テクノロジーの実際

 「ND」の開発コンセプトに敬意を払い、本稿(上)では、まず「感」の話を進めた。ここからは技術的な背景をご紹介する。ただし、本連載は自動車技術者や自動車ファン向けに特化していないため、技術の「勘どころ」の紹介に留める。

(1)パッケージング・軽量化

 全長×全幅×全長=3915mm×1730mm×1235m、ホイールベースが2315mm。ドライバーとクルマの一体感を強調するために、着座位置を「NC」に比べてクルマの中心線側に15mm移動。さらにヒップポイントを20mm下げた。

骨格は直線的な構成として、シンプルさと高性能さを両立させた。写真はマツダ側のプレゼンテーション用PCと資料 Photo by Kenji Momota

 エンジンの搭載位置を15mm後へ、13mm下に移動。車体前後の重量配分を50:50とした。車内からの視界について、上下に6度、左右に5度拡張。

 「NC」ではボンネット、トランクリッド等に使用してきたアルミニウムをフェンダー等にも活用。高張力鋼板も効率よく配置し、車両重量は約100kgも軽量化した。

(2)デザイン

 ドライバーの着座位置はホイールベースのちょうど真ん中。

 Aピラー(窓の前方の斜め車体部分)を70mm後へ。さらにデッキポイント(幌の収納部分の後方中心点)を20mm前へ。これによりコックピットは狭くなるが、シルエットとしては「大人のクルマ」の雰囲気となる。

デザインコンセプトを具現化した模型とデザイナーがその場で描いたスケッチ。ボディの側面のデザインイメージは「溜めて、抜いて、ひねって、また抜いて」。漢字の「しんにょう」をイメージするため、「速」という文字を書いた Photo by Kenji Momota

 円形に近いキャノピー形状にすることで、実際にはドライバーは狭さを感じない。ヘッドクリアランスは9mm増大している。

 フロントオーバーハング(前輪の中心線からボディ先端までの部分)を短くし、そこにきれいに収まるLEDヘッドライトを採用。車体後方では、クオータービュー(斜め後ろ)の部分を切り落とすイメージ。リヤタイヤ周辺のボディ表面積が縮小し、軽量化に貢献。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧