ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
黒い職場の事件簿~タテマエばかりの人外魔境で生き残れるか? 吉田典史

うつ社員の肩代わりで疲弊する同僚たちの悲鳴(上)

吉田典史 [ジャーナリスト]
【第2回】 2015年2月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 うつ病など、心を病んでいる社員の記事が取り上げられるとき、私が目を通す限りでは、その大半が「長時間労働や成果主義などの犠牲者」という捉え方をされているように見える。これは、ある一面を取り上げてはいるのかもしれない。しかし、そこまで言い切る根拠が曖昧であるように思える報道も少なくない。

 さらに、そのような心を病んでいる社員の同僚らの声を拾い上げ、丹念に盛り込んだ記事は相当に少ない。私が会社員をしていた頃の経験で言えば、同じ職場にいて同僚らが何も感じていないことはあり得ない。

 黒い職場の因子は、ここにもある。タテマエでは「そうした社員を支えよう」と唱えている人が、実はその負担を立場の弱い周囲の社員に押し付けている場合がある。ここには、「苦しい」と声を出すことができない、本当の弱者がいる。今回は、そのような職場に潜入した事例を紹介したい。


「職場復帰なんてしなくていい」
うつ社員に向けられる心ない批判

 昨年秋、筆者の元へ一通のメールが届いた。

 「吉田さん、お騒がせしました。先日、職場復帰しました。(中略)この会社は、温かいです。みんなが、私の仕事をしてくれていたようです。また、よろしくお願いします」

 メールの送り主は、大手出版社(正社員数550人)の雑誌編集部に勤務する、40代半ばの編集者である。この男性は数年前からうつを繰り返し発症し、半年近く休業をしていた。その半年の間、他の編集者が男性の仕事を肩代わりしていたようだ。そのことをメールに書いていた。

 私は今なお、返信をしていない。正確に言えば、返信する気になれない。実は、裏側の事情を知っているからだ。男性と同じ編集部にいる編集者たち数人は、私と話す場では、彼についてこう漏らしていた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

吉田典史 [ジャーナリスト]

1967年、岐阜県大垣市生まれ。2006 年からフリー。主に人事・労務分野で取材・執筆・編集を続ける。著書に『あの日、負け組社員になった・・・』『震災死 生き証人たちの真実の告白』(共にダイヤモンド社)や、『封印された震災死』(世界文化社)など。ウェブサイトでは、ダイヤモンド社や日経BP社、プレジデント社、小学館などで執筆。


黒い職場の事件簿~タテマエばかりの人外魔境で生き残れるか? 吉田典史

 ここ10数年の間に社会環境が大きく変わり、人々のホンネとタテマエに対する価値観が揺らぎ始めている。それを具現化しているのが、今の企業の職場ではないだろうか。これまでは、ホンネとタテマエが絶妙にバランスしながら、人間関係が維持されてきた。しかし、企業社会において生き残り競争が激化し、「他人より自分」と考えるビジネスパーソンが増えるにつれ、タテマエを駆使して周囲を蹴落とそうとする社員が増えている。

 誰もが周囲を慮らなくなり、悪質なタテマエに満ち溢れた職場の行きつく先は、まさしく人外魔境。そこで働く社員たちは、原因不明の閉塞感や違和感、やるせなさに苛まれながら、迷える仔羊さながらに、次第に身心を蝕まれて行く。この連載では、そうした職場を「黒い職場」と位置づけ、筆者がここ数年間にわたって数々のビジネスパーソンを取材し、知り得たエピソードを基に教訓を問いかけたい。

「黒い職場の事件簿~タテマエばかりの人外魔境で生き残れるか? 吉田典史」

⇒バックナンバー一覧