ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

学校の資金運用規約をどう作ったらいいか

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第61回】 2008年12月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 駒澤大学と立正大学が共に約150億円前後の運用損失を出した(立正大はまだ含み損段階)という報道があった。

 ダイヤモンド・オンラインの筆者の連載でも取り上げたが、金融機関から見て学校法人は狙い目の上客であり、両校のほかにも運用に問題を抱えている学校がかなりの数あるだろう。

 拙稿では、各校は運用の実態把握を急ぎ、次に資金運用に関する規約を作るべきだと書いた。以下、たとえば学校法人が、運用の規約を作る場合に、どのあたりがポイントになるかを書いてみたい。

 まず、資産配分(たとえば国内株式への配分比率)のウエートを上下の範囲も含めて、明確に定義する。長期的な資金運用であれば、年金基金などと同様に、株式などのリスクを取ってもいいだろう。資産配分計画策定時には、運用に関する最大の想定損失額について議論しておくことが重要だ。

 次に、運用対象について限定的に列挙する。預金、債券、株式、投資信託くらいが主な対象だろうが、特に債券に関しては発行主体、格付け、加えて債券の種類を限定する。

 単にAA(ダブル・エー)格以上の債券、などとすると、発行主体がAA格以上の債券をベースに仕組み債を作ったようなものが、まぎれ込む可能性がある。

 仕組み債やスワップなどのかたちでデリバティブを組み込んだ金融商品は、運用規約ではっきり除外しておくほうがいい。原理的にも、売り手側が計算間違いでもしない限り、この種のデリバティブ商品が有利な投資対象になることはない。

 理論価格を計算する際に、売り手側は前提条件に余裕を持たせるし、さらに売り手側の利益が価格などの条件に隠れている。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧