ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

エクセルは、ちょっとした工夫で作業スピードが上がります。さて、みなさん、エクセル計算を「=」から始めていませんか? 「=」で始めている方、必見です! 『ビジネスエリートの「これはすごい!」を集めた 外資系投資銀行のエクセル仕事術』の著者・熊野整氏による連載第4回。

作業スピードのちょっとした違いに
徹底的にこだわる

 拙著『ビジネスエリートの「これはすごい!」を集めた 外資系投資銀行のエクセル仕事術』では、見やすいエクセル、ミスのないエクセル、というテーマに加えて、「速いエクセル」というテーマもあります。速いエクセルとは、ショートカットキーの使い方がメインですが、キーボードのちょっとした使い方も紹介しています。

 外資系の投資銀行はエクセルの計算が本当に速い。少数精鋭で1人が3人分の仕事をこなすため、何においてもスピードが要求されるからです。また、エクセルの作業スピードを上げなければ、計算チェックに時間をかけられません。正確な計算をするためにも、とにかく作業スピードは重要になります。


 これは聞いた話ですが、ある外資系投資銀行の新入社員研修で、講師からエクセルの計算のお題を出され、その場で表を作らされたそうです。作成に要した時間は平均で15分くらい。その後、過去最速で同じ表を作った映像を見たら、なんと20秒で完成していたとか。作業が速すぎて、何をやっているのかさっぱりわからなかったそうですが……。このようにエクセルのスピードアップのための訓練は、どこの研修でも実施されます。

 また、ある外資系投資銀行に入社した友人が、入社初日に先輩から「マウスを使うのは禁止」と、さらりと言われたという話も聞きました。マウスを使わず、ショートカットキーを徹底して使えということでしょうが、これはかなり手荒いやり方ですね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
小学校前にみるみる算数力がつく15の習慣

小学校前にみるみる算数力がつく15の習慣

久保田競+久保田カヨ子 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2016年7月

<内容紹介>
「退屈なお風呂空間」が「学習空間」に一変!お湯につけるとピタッとつく「お風呂で唱えるだけで算数力がアップ!『お経式暗算法』ミラクルシート」付き!最新脳科学に基づいた驚異の暗算法を初公開!2歳でも小1の算数がとける!小学校前の子の算数力が一気にアップ!あなたの子が「アインシュタイン脳」になる!

本を購入する
書籍編集者募集中!
(POSデータ調べ、7/17~7/23)


注目のトピックスPR


熊野 整

ボストン大学卒業後、モルガン・スタンレー証券投資銀行本部に入社し、大型M&Aや資金調達プロジェクトをリード。退社後はグロービス経営大学院にてMBA取得、その後、大手上場インターネット企業に入社し、事業責任者として事業計画の立案から戦略遂行までを行う。現在は、スマートニュース株式会社にて、収益計画策定、資金調達、上場準備など財務企画業務全般をリード。「グローバル投資銀行のエクセルスキルを、分かりやすく伝えたい」というモットーの下、2013年10月から週末に個人向けエクセルセミナーを開催したところ、参加者数は1年で3000人を超え、大人気セミナーとなった。現在は、個人向けセミナーに加えて、企業研修も数多く開催しており、多くのビジネスパーソンの収益計画の作成指導を行っている。https://www.facebook.com/simulation2013/

 

 


外資系投資銀行のエクセル仕事術 ウェブ版

『ビジネスエリートの「これはすごい!」を集めた 外資系投資銀行のエクセル仕事術』著者の熊野整による、エクセルと外資系投資銀行の仕事術のあれこれを集めた連載です。

「外資系投資銀行のエクセル仕事術 ウェブ版」

⇒バックナンバー一覧