ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
世界に1つだけの子育ての教科書――子育ての失敗を100%取り戻す方法
【第9回】 2015年3月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
奥田健次 [臨床心理士/行動分析学者]

摂食障害、不安障害を経て2児を育てる小島慶子と
世界中から依頼殺到中のセラピスト奥田健次の初対談
―母親から「解縛」する子育ての技術―【前篇】

1
nextpage

オーストラリア・パースで12歳、9歳の2人の男の子を育てながら、日本での仕事を続けるタレント、エッセイストの小島慶子氏。じつは思春期以降に摂食障害、第2子出産後に不安障害に悩んでいた。
かたや発達につまずきのある子とその家族への指導のために世界各地をかけめぐる国際的セラピストで早くも第4刷が決まった『世界に1つだけの子育ての教科書』著者の奥田健次氏。
ともに自分の親との関係に悩んだ過去を持ち、さまざまな場面で課題を克服してきた。1972年生まれの団塊ジュニア同士。幼少期~今日まで、壮絶な両者の対談から、思い込みから自由になり、課題を克服のための子育て術を初公開する。(構成・橋本淳司)

子どもを動かす“スモールステップの原理”

小島慶子(こじま・けいこ)
タレント、エッセイスト。 1995年、TBSに入社。アナウンサーとしてテレビ・ラジオに出演。99年に第36回キャラクシー賞DJパーソナリティー賞を受賞。2010年にTBSを退社後、タレント、エッセイストとして活躍。著書には、夫が退職し、オーストラリアに移住したことが書かれた『大黒柱マザー』(双葉社)など多数。新刊『ゼロから始める 小島慶子のきもの修行』(講談社)が3月19日に発売予定。

小島 私、謎が解けたんです!

奥田 えっ!?

小島 奥田さんの『世界に1つだけの子育ての教科書』を読んで謎が解けたんです。

奥田 ええ!? どんな謎が解けたんですか?

小島 夫の努力が報われない謎(笑)。9歳になる次男のことなんですけどね。彼は食が細いうえにご飯中におしゃべりが多いので、すごーく食べるのが遅いんです。
 夫は「もっと早くごはんを食べようね」と繰り返し諭してる。でもやっぱり遅いので、怒ってるんです。いったいどうしたらわかってもらえるんだろうと夫婦で悩んで…。

奥田 諭すのは、町で見かける標語ポスターと一緒。「考えようスマホのマナー」とか「その食べ残しは誰かの一杯です」なんてポスターが目に入っても実際の行動を変える人はいません。

小島 それでたまたま私が思いついた手法が、意外や功を奏したんですよ。で、奥田さんのの中にある「スモールステップの原理」を読んだら、あ、これだ私がやったのは! と(笑)。簡単な約束事を守る課題設定を行う、というあれです。

奥田 ホントですか!

小島 うちの定番のつけ合わせはブロッコリーなんですが、次男は毎度ブロッコリーを眺めながらダラダラしている。で、あるときミッションを与えてみたんです。
「ママがお皿とコップをキッチンに置いてくる30秒間に、このブロッコリーを食べて飲み込んでおくこと。できなかったらデザートはなし!」
 何度か失敗して、好きなアイスを買ってきた日に、ついに次男も必死に。時間内にブロッコリーを食べて飲み込むことができたんです! 「ミッションできるかな」大成功…!

奥田 すごいですね! 小島さんのその方法はプロと同じですよ!

小島 次男も喜んで、「ママ、ミッションやって!」と言うようになったんです。子どもは子どもなりに、食事をきちんと食べられるようになりたい、という気持ちがあったんだなあ、と思いました。

奥田 かつて指導した、ある不登校児の家族支援のことを思い出しました。このときは授業を1時間受けるごとに1枚シールを貼っていって、シールが目標数に到達したらレンタルビデオを借りられるという約束をしました。今までは、学校に行かなくてもレンタルビデオを自由に借りられていたのをやめてもらったんです。
 計画したとおり、不登校から100%出席できる子になりました。こうしたプログラムをまとめた論文は学会で論文賞をいただいたのですが、いちばんうれしかったのは、その子が「ママ、最初から奥田先生のやり方でやってくれたら、もっと早く学校へ行けたのに」
 と言ってくれたことです。

小島 学校へ行くスイッチを入れる技術がなかっただけなんですね。

奥田 そう! まさに技術なんです。本人の“こころ”の弱さじゃない。

次のページ>> 小島慶子は鬼軍曹?
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


奥田健次 [臨床心理士/行動分析学者]

臨床心理士/専門行動療法士/行動コーチングアカデミー代表。

兵庫県西宮市生まれ。 常識にとらわれない独自の指導プログラムにより、さまざまな子どもの問題行動を改善させる行動分析学者。

数万件以上の難問題を解決してきた手腕から「子育てブラック・ジャック」と呼ばれ、日本各地のみならず世界各国から指導依頼を受ける国際的セラピスト。年間のべ1000件以上の相談活動を行い、これまでの相談実績は数万件以上にのぼる。 桜花学園大学大学院客員教授など研究者としてのキャリアを経て、 2012年に長野県西軽井沢に5000坪の敷地を買い取り、「行動コーチングアカデミー」を設立。発達障害、自閉症、不登校などの問題解決に関わる人材育成を行っている。 現在、日本初の行動分析学を軸とした私立幼稚園の設立を準備していることでも注目を浴びている。

「日本行動療法学会内山記念賞」(1999年)、「日本教育実践学会研究奨励賞」(2003年)、「日本行動分析学会学会賞(論文賞)」などを受賞。 行動科学系の2大学会で初のダブル受賞となる。 『NNNドキュメント』『スッキリ!!』(日本テレビ系)では、「今、最も注目されている教育者」として紹介。『あさイチ』(NHK総合)他にも出演。

本書では、子育てにまつわる具体的な『行動の処方せん』を公開。 著書にベストセラーとなった『叱りゼロで「自分からやる子」に育てる本』(大和書房)、『メリットの法則――行動分析学・実践編』(集英社)、『拝啓、アスペルガー先生――私の支援記録より』(飛鳥新社)、『自閉症児のための明るい療育相談室――親と教師のための楽しいABA講座』(共著、学苑社)などがある。

【奥田健次オフィシャルブログ】 http://www.diamondblog.jp/kenjiokuda/


世界に1つだけの子育ての教科書――子育ての失敗を100%取り戻す方法

『あさイチ』(NHK総合)、『NNNドキュメント』『スッキリ!!』(日本テレビ系)などで、「今、最も注目されている教育者」と紹介! 「子育ての5大悩み」を「よくある順」に分類。1.暴力・暴言・物壊し。2.グズグズ&いじける。3.トイレ問題と偏食。4.ほめる&叱るのルール。5.過保護・過干渉。数万件超の実績から「成果実証済の方法」を厳選。子育ての難問に対し、絶対にあきらめないでください! どんな子も、やり方次第で必ず変わります!

「世界に1つだけの子育ての教科書――子育ての失敗を100%取り戻す方法」

⇒バックナンバー一覧