ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
遺伝子で拓ける未来の光と影
【第2回】 2015年2月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
大西睦子

遺伝子の約20%が他人や企業の所有だった?!
米国の事例から考える「遺伝子は誰のものか」

1
nextpage

遺伝子が自分の所有物ではない、と言われたら驚きませんか。でも、実際に約2年前まで、米国では私たちの体から切り出された遺伝子の約20%について、民間企業や政府、個人に特許が認められていたのです。これには反対派も多く、遺伝子の所有権に対しては激しい論争が続いていました。今回は、こうした遺伝子の所有を巡る議論について紹介します。

 米国の論争の話を始める前に、「遺伝子」の意味を確認し、なぜ米国で遺伝子の所有権が問題になっていたのか簡単に歴史を振り返っておきましょう。

ゲノム、DNA、染色体、遺伝子
…その違いがわかる?

 非常に混乱しやすいのですが、「DNA(Deoxyribonucleic acid、デオキシリボ核酸)」と「遺伝子」は、同じものを意味する言葉ではありません。「遺伝子」はDNAの一部(数%)であり、髪や目の色や背の高さといった、ヒトの設計図となる遺伝情報が書かれた領域です。DNAの遺伝子以外の部分は、以前は無駄なDNA(=ジャンクDNA)と考えられていましたが、最近、 遺伝子を調整するなどの役割があることがわかってきました。そこで、遺伝子と遺伝子以外の部分を含めた遺伝情報全体を「ゲノム」と呼びます。

 「ゲノム」の遺伝情報を伝える物質が「DNA」です。「DNA」は、A(アデニン)、T(チミン)、G(グアニン)、C(シトシン)という4種類の塩基でできています。AとT、GとCは対に結合して、はしごをひねったような4重らせん構造を作っています。そして、核の中にある「染色体」の中に、細かく折りたたまれて入っています。私たちヒトの細胞の核の中にある染色体は46本です。この染色体は、父親から23本、母親から23本もらいます。こうして私たちの大切な遺伝情報は、親から子どもに伝わります。

 このようにヒトのゲノムの全塩基配列を解析し、どこにどんな遺伝情報が組み込まれているか明らかにするプロジェクトが、よく知られている「ヒトゲノム計画(Human Genome Project)」でした。米国、英国、日本、フランス、ドイツの国際間協力によって1990年から始まり、2003年に完了しました。この計画で、約30億塩基対からなるゲノム情報の解読が終了されたのです。

 といっても塩基配列が分かったということであって、そこに書かれている暗号が解読されたわけではありません。そこで、ポストゲノム時代は、重要な遺伝子を特定し、その遺伝子の機能の解明、さらに個人による塩基配列の差異の発見や遺伝子以外の役割など、様々な研究が始まっています。

 このヒトゲノム計画がほぼ終了したと発表された2000年6月時点で、米国ではすでに、民間と公共団体による遺伝子の特許申請が殺到していました。ヒト遺伝子の総数は約3万と推定されていますが、そのうちの約20%について、民間企業や政府、個人に特許が下されたと推定されています。

 こうした動きについて、米国医師会(American Medical Association)などの組織や多くの科学者が、遺伝病の研究や患者さんの遺伝子検査へのアクセスを妨害する可能性があるとして、反対の姿勢を示しました。その後、特許を支持する派と、支持しない派の論争が過熱しました。

http://www.ama-assn.org/ama/pub/physician-resources/medical-science/genetics-molecular-medicine/related-policy-topics/gene-patenting.page?

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


大西睦子

内科医師、米国ボストン在住、医学博士。東京女子医科大学卒業後、同血液内科入局。国立がんセンター、東京大学医学部附属病院血液・腫瘍内科にて、造血幹細胞移植の臨床研究に従事。2007年4月より、ボストンのダナ・ファーバー癌研究所に留学し、ライフスタイルや食生活と病気の発生を疫学的に研究。2008年4月より2013年12月まで、ハーバード大学にて食事や遺伝子と病気に関する基礎研究に従事。著書に『カロリーゼロにだまされるな――本当は怖い人工甘味料の裏側』(ダイヤモンド社)。


遺伝子で拓ける未来の光と影

ボストン在住の内科医であり、元ハーバード大学研究員である大西睦子氏が、話題の遺伝子研究の最前線をはじめ、遺伝子検査・医療のほか遺伝子食品などがもたらすメリットとデメリットについて紹介していきます。

「遺伝子で拓ける未来の光と影」

⇒バックナンバー一覧