ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
<ネット広告&通販の第一人者が明かす>100%確実に売上がアップする最強の仕組み
【第2回】 2015年3月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
加藤公一レオ [株式会社 売れるネット広告社 代表取締役社長]

【警告!】マスマーケティングの発想で
通販マーケティングをやると、
広告代理店にカモにされる!

1
nextpage

広告・マーケティング業界のオリンピック「アドテック」で3年連続日本一の“レスポンスの魔術師”こと、売れるネット広告社社長の加藤公一レオ氏。
このたび、2時間50万円のコンサル内容を出し惜しみなく公開した『ネット広告&通販の第一人者が明かす 100%確実に売上がアップする最強の仕組み』を出版。実に8年ぶりの書籍という。
やずや、味の素、エーザイ、花王、興和、サンスター、JIMOS、日清食品、ハウス食品、はぴねすくらぶ、森永乳業、山田養蜂場、ライオン、ロート製薬など、大手通販から中小通販までNo.1の実績。日本の大手メーカー通販の7割以上がコンサルティングを依頼している「加藤公一レオ」の極意とは?
担当した全クライアントを大成功させてきた“レスポンスの魔術師”が、ネット広告で費用対効果と売上を100%確実に上げる門外不出のノウハウを大暴露する。

単品通販は“リピート”させてナンボのビジネス

加藤公一レオ
(かとう・こういちれお)
株式会社 売れるネット広告社
代表取締役社長。1975年サンパウロ生まれ。ロサンゼルス育ち。西南学院大学経済学部卒業後、三菱商事入社。その後Havas Worldwide Tokyo、アサツーディ・ケイ(ADK)で一貫してネットビジネスを軸としたダイレクトマーケティングに従事。担当した全広告主のネット広告が大成功。「レスポンスの魔術師」と呼ばれる。2010年、売れるネット広告社を創業。やずや、味の素、エーザイ、オークローンマーケティング、花王、興和、サンスター、JIMOS、日清食品、ハウス食品、はぴねすくらぶ、森永乳業、山田養蜂場、ライオン、ロート製薬、アサヒフードアンドヘルスケアなどの大手通販から中小通販まで、企業数を絞り限定コンサルティング。広告・マーケティング業界のオリンピックと称される「アドテック」で3年連続日本一になる。神田昌典氏主催「マーケティング白熱会議」のゲストスピーカーにも登壇。100%事実のみ・仮説は一切なしのセミナーは、他を圧倒するパフォーマンスと大好評。著書に、『単品通販“売れる”インターネット広告』(日本文芸社)がある。

 現在の通販(通信販売)は大きく次の2つに分けられる。

 1つ目は、より多くの商品をそろえ、その中から必要な商品をユーザーに選んでもらう「ゼネラル通販」。代表的な企業に、カタログハウス、ニッセン、セシールなどがある。

 それに対し、1つの商品を何度もリピートし買ってもらうのが「単品通販」。たとえば、やずや、山田養蜂場、再春館製薬所などがある。

 最近は、こうした「単品通販」が圧倒的に増えてきており、多くの大手企業が新規事業として参入してきている。なぜか?

 物があふれかえっている現在の日本では、総合デパートのような「何でも売ります的会社」よりも、専門店のような「1つの商品にこだわります的会社」から消費者は物を買うからである。すなわち、単品通販のほうがやり方によっては儲かるからである。

 単品通販というビジネスを定義すると、新規顧客獲得と既存顧客を維持し続けることを永遠の課題とするビジネススタイル。ゼネラル通販は「売り切り型」モデルであり、常に新規顧客で売上を生み出し、1回の投資で利益を上げる。

 一方、単品通販では、まず無料サンプルや有料トライアルセットなどで「見込客」を集め、その見込客を注文に引き上げて「既存客」にし、その既存客に何度もリピートしてもらい「固定客」にする、といった中長期的視点で行うビジネススタイルである。

 最初は赤字になる場合がほとんどだが、リピート客の拡大により利益額は増大。リピート客の育成により長期的に安定的な利益を得ることができるようになる。常にリピートを視野に入れているから、ロングセラーを意識。単品通販は積極的およびダイナミックな広告展開ができ、一気に大量の顧客を獲得できるのである。

 ネット媒体を使うにしても、オフライン媒体を使うにしても、「単品通販」の場合、ビジネスの目標、つまり儲かるための要素は、下記3つに集約される。

(1) 広告で多くの「見込客」を効率よく集める(無料サンプルやトライアル等で)

(2) その見込客の多くを注文に引き上げて、「既存客」にする(フォローメール等のCRMで)

(3) その既存客に何度も何度もリピートしてもらい、「固定客」にする(商品のよさやフォローメール等のCRMで)

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


加藤公一レオ [株式会社 売れるネット広告社 代表取締役社長]

1975年サンパウロ生まれ。ロサンゼルス育ち。
西南学院大学経済学部卒業後、三菱商事入社。
その後Havas Worldwide Tokyo、アサツーディ・ケイ(ADK)で一貫してネットビジネスを軸としたダイレクトマーケティングに従事。担当した全広告主のネット広告が大成功。「レスポンスの魔術師」と呼ばれる。
2010年、株式会社 売れるネット広告社を創業。
やずや、味の素、エーザイ、オークローンマーケティング、花王、興和、サンスター、JIMOS、日清食品、ハウス食品、はぴねすくらぶ、森永乳業、山田養蜂場、ライオン、ロート製薬、アサヒフードアンドヘルスケアなどの大手通販から中小通販まで、企業数を絞り限定コンサルティング。
広告・マーケティング業界のオリンピックと称される「アドテック」で3年連続日本一になる。
アドテック東京2012 公式カンファレンス 人気スピーカー1位。
アドテック九州2013 公式カンファレンス 人気スピーカー1位。
アドテック九州2014 公式カンファレンス 人気スピーカー1位。
やずやベストパートナー賞受賞。Webクリエーション・アウォードWeb人貢献賞受賞。
「アドテック」「ネットショップ担当者フォーラム」「ダイレクト・マーケティング・フェア」「宣伝会議」「日経デジタルマーケティング」「通販新聞」など講演多数。
神田昌典氏主催「マーケティング白熱会議」のゲストスピーカーにも登壇。
100%事実のみ・仮説は一切なしのセミナーは、他を圧倒するパフォーマンスと大好評。「九州インターネット広告協会」の初代会長も務めた。
著書に、『単品通販“売れる"インターネット広告』(日本文芸社)がある。

【売れるネット広告社HP】www.ureru.co.jp
【売れるネット広告社Facebook】www.facebook.com/ureru
【売れるネット広告つくーるHP】www.ureruad.jp
【著者Facebook】www.facebook.com/leokato
【著者セミナー】www.ureru.co.jp/leoseminar


<ネット広告&通販の第一人者が明かす>100%確実に売上がアップする最強の仕組み

広告・マーケティング業界のオリンピック「アドテック」で「3年連続No.1」の“レスポンスの魔術師”が2時間50万円のコンサル内容を初公開! やずや、味の素、エーザイ、花王、興和、サンスター、JIMOS、日清食品、ハウス食品、はぴねすくらぶ、森永乳業、山田養蜂場、ライオン、ロート製薬などの大手通販から中小通販までNo.1の実績。ネットで100%確実に売上がアップする「最強の仕組み」を一挙公開!

「<ネット広告&通販の第一人者が明かす>100%確実に売上がアップする最強の仕組み」

⇒バックナンバー一覧