ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『週刊ダイヤモンド』特別レポート

不動産業界最大のタブー
両手仲介にご用心

週刊ダイヤモンド編集部
2015年3月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「日本の不動産業界は、公平性で米国から100年は遅れている」。ある中堅不動産業者の首脳は、断言する。特にこの首脳が問題視するのが「両手仲介」だ。

 両手仲介とは、自社の顧客である売り手の物件を、自社の顧客の買い手に仲介することだ(図参照)。

 日本では宅建業法により、不動産の仲介では売り手と買い手から得る手数料はそれぞれ3%が上限とされている。

 そのため、例えば不動産業者A社の顧客である売り手の物件を、B社の顧客の買い手が購入すれば、A社とB社には売却金額の3%ずつしか入らない。

 しかし、一度の取引で売り手と買い手、双方がA社の顧客であるならば、6%の手数料が懐に入ってくる。これが両手仲介だ。

 もちろん、両手仲介が絶対に悪いとはいえない。大手不動産業者のメリットは多くの顧客を抱えていることであり、それを生かすことで、素早く売却に結び付く側面もあるからだ。

 そうはいっても、不動産業界関係者の多くが、実は、売り手にとってデメリットが多いことを知っているのだ。

 両手仲介のデメリットは不動産業者が買い手の側に立ったり、契約数を稼ごうとしたりして、成約価格が下がる傾向にあることだ。

 「手数料が6%もらえるのなら、成約価格が高い方がいいのでは」と思うかもしれない。しかし、不動産業者の営業マンの成績は“数”が重要だ。契約の数が給与に直結している会社もある。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月28日号 定価710円(税込)

特集 劇変世界を解く 新地政学

世界史の大転換が始まる

【特集2】
銀行界も戦々恐々
コンビニATM戦争

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


『週刊ダイヤモンド』特別レポート

『週刊ダイヤモンド』編集部厳選の特別寄稿と編集部による取材レポートを掲載。本誌と連動した様々なテーマで、経済・世相の「いま」を掘り下げていきます。

「『週刊ダイヤモンド』特別レポート」

⇒バックナンバー一覧