ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
農業開国論 山下一仁

平成の農政改革と呼ぶには程遠い
農地法改正は「昭和の懐メロ」だ

山下一仁 [キヤノングローバル戦略研究所研究主幹/経済産業研究所上席研究員(非常勤)]
【第14回】 2009年5月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「所有から利用へ」をキャッチフレーズに掲げる農地法改正法案が、5月8日の衆院本会議で自民、公明、民主の賛成多数で可決された。農政当局は「平成の農政改革」といっているようだが、筆者には「昭和の懐メロ」に聞こえる。まず法改正の主なポイントを上げると、以下の通りだ。

<法律の目的の見直し>

 農地法の第1条から農地改革の理念であった「自作農主義」(所有者=耕作者)に関わる文言を削除する。具体的には、「農地を耕作者みずからが所有することが最も適当である」とする考え方を、「農地の効率的な利用を促進する」との考え方に改める。しかし、国会では民主党からの修正要求で、政府原案で削除されていた「耕作者」という言葉を復活し、「耕作者自らによる農地の所有が果たしてきている重要な役割も踏まえつつ…農地を効率的に利用する耕作者による地域との調和に配慮した農地についての権利の取得を促進」という文言を加え、「自作農主義」が維持された。

<農地転用規制の強化>

 現行では、学校などの公共施設の設置に伴って行う農地転用については、許可は不要とされているが、これを見直し、許可権者である都道府県知事等と協議を行う仕組みとする。違反転用に対する罰則(罰金額の引き上げ)を強化する。

<農地の権利移動規制の見直し>

 改正前は所有・利用とも農業者、農業生産法人に限られていたが、改正後は、利用については一般企業やJA、NPO法人などを認める(所有は改正後も変更無し)。しかし、民主党の修正要求によって、法人が「貸借」する場合には役員一人以上が常時農作業に従事することや農業委員会の許可に当たっては市町村が関与するなどの要件が加重された。

 ちなみに、農業生産法人への出資は、改正前は、1事業者当たり10%以下、全体で25%以下だが、改正後は1事業者当たり10%以下の規定を廃止する(全体で25%以下は継続)。農商工連携事業者などの場合は50%未満に。20年以内とされてきた賃貸借の期間は、50年以内に拡大する。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
絶賛発売中!
『企業の知恵で農業革新に挑む!』

儲からない日本の農業をビジネスに変える!
元農林キャリア官僚が、農ビジネスを取材し、処方箋を提言!
訂正:本書40ページ2行目~5行目 「たとえばトラクター。日本のトラクターは欧米のものよりも性能がいい。その結果、平均値で言うと、米国では一七〇ヘクタールの農地を一・七馬力のトラクターで耕しているのに比べて、日本ではその100分の一、一・七ヘクタールから、せいぜい二ヘクタールの農地を五馬力のトラクターで耕している。」を削除いたします。

話題の記事

山下一仁 [キヤノングローバル戦略研究所研究主幹/経済産業研究所上席研究員(非常勤)]

東京大学法学部卒業。同博士(農学)。1977年農水省入省。同省ガット室長、農村振興局次長などを経て、2008年4月より経済産業研究所上席研究員。2010年4月よりキヤノングローバル戦略研究所研究主幹。主著に『日本の農業を破壊したのは誰か―農業立国に舵を切れ』(講談社)、『企業の知恵で農業革新に挑む!―農協・減反・農地法を解体して新ビジネス創造』(ダイヤモンド社)、 『農協の大罪』(宝島社新書)、『農業ビッグバンの経済学』(日本経済新聞出版社)、『環境と貿易』(日本評論社)など。


農業開国論 山下一仁

自給率39%という危機的状況にある日本の「農」と「食」。農水省元幹部で、WTO交渉の最前線にもあった気鋭の論者が、農業政策のあり方について大胆提言する。

「農業開国論 山下一仁」

⇒バックナンバー一覧