ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
グロービスMBA講座 基礎編

【第4部:ファイナンス】
金銭の時間的価値:現在価値

株式会社グロービス
【第13回】 2007年12月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ファイナンスでは、「金銭には時間的価値がある」、つまり「今日の1円は明日の1円よりも価値がある」と考える。将来のある金額と同等の価値がある今日の金額のことを、(将来のある金額の)現在価値と言う。

金銭の時間的価値

 ファイナンスでは、「今日の1円は明日の1円よりも価値がある」という考え方をする。これは、(1)今日の1円は銀行に預金すれば金利を稼ぐことができる、(2)明日の1円は今日の1円に比べて不確実である、という理由からだ。

 (2)の不確実性には、期待していた額面の金銭が手に入らない(たとえば、明日1円入手できると思っていたが、結局0.9円しか手に入らなかった)場合や、インフレーションやデフレーションにより金銭の購買力が変化する(たとえば、1円を手に入れることができても、インフレで値段が上がり、予定していたものが買えなかった)場合がある。

現在価値(Present Value)

 将来受け取る金銭の、今日の時点での価値のことを「現在価値」と呼ぶ。n年後に受け取る現金Cの現在価値(PV)は、割引率(後述)をrとすると、以下の式で計算することができる。

 たとえば、金利(国債の金利)が2%のとき、1年後に年金として政府から100円受け取るとする。このときの100円の現在価値(PV)は、金利をそのまま割引率として用いると下記のとおりになる。

 この結果から、1年後の100円と今日の現金98.04円は同じ価値になることがわかる。政府が「年金を一時金として今日95円受け取るか、来年まで待って100円受け取るか」と選択を迫ってきたら、来年まで待ったほうがよい。なぜなら、来年の100円は今日の現金にすると98.04円に相当するので、95円よりも価値が大きいからだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
『[新版]MBAマネジメント・ブック』

ビジネスパーソンの問題解決や意思決定に貢献してきたビジネス・バイブル。MBA取得者の実務家が、最新の情報と理論を網羅しながらMBAコースのエッセンスを紹介している。 株式会社グロービス編著。2940円(税込)

話題の記事

株式会社グロービス

創造と変革をもたらすビジネスリーダーを育成するとともに、グロービス・グループの各事業を通じて蓄積した知見に基づいた、実践的な経営ノウハウの研究・開発・発信を行っている。 グロービスのウェブサイト


グロービスMBA講座 基礎編

MBAのコアコースで学ぶエッセンスを網羅した基礎編。現実のビジネスに活用可能な形で経営理論のエッセンスを分かりやすく解説する。

「グロービスMBA講座 基礎編」

⇒バックナンバー一覧