ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
鈴木寛「混沌社会を生き抜くためのインテリジェンス」

日本の大学入試はフランスに170年遅れている!

鈴木寛 [文部科学大臣補佐官、東京大学・慶応義塾大学教授]
【第26回】 2015年3月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

教授と補佐官“二足のわらじ”で米仏行脚
教育について高官たちと意見交換

フランスの大学入試制度は日本と大きく異なる。写真はソルボンヌ大学
Photo:puku/PIXTA

 こんにちは鈴木寛です。

 連載を少々お休みいただいた間、半月ほど海外や日本を飛び回っていました。まずは2月下旬にアメリカへ「医療イノベーション」の関係者との面談に行きました。ワシントンでは世界一のブルッキングズ研究所のカンファレンスに参加。さらにサンディエゴへも足を伸ばして、現地にいる日本人のバイオベンチャーの関係者に最新の動向をご教示いただきました。

 カレンダーは3月に入り、一度帰国するとそのまま羽田から福井へ飛び、福井大学教職大学院のシンポジウムに参加しました。ここでは、世界的に著名な教師研究者であるボストンカレッジのハーグリーブズ教授にお会いし、知識社会時代の教師のあり方についての論客である教授からインタビューを受けました。ここまでは大学教員としての出張です。

 一泊して東京へ戻ったのも束の間、今度は文部科学省の任務でフランスへ向かいました。大学入試制度改革の参考にしているバカロレアの取り組みについて、フランス国民教育・高等教育・研究省の高官にヒアリングを行うのと、パリのOECDで教育・スキル局の幹部と2030年の教育モデルに関する意見交換をするためです。

 大学教員と補佐官という、まさしく“二足のわらじ”で米仏を渡り歩いてきたわけですが、文科副大臣時代の海外出張とは違う成果があります。政治家時代も海外出張には何度も行きましたが、短期間に複数の国を渡り歩くことはたまにあるにしても、1つの国に1週間ずつほどのペースで滞在することはできませんでした。大臣や副大臣でも現地の視察には行きますが、政治家の外遊は、セレモニーも含めた様々なところに顔を出さねばならず、日程も非常に慌ただしくなり、現地の政府高官と何時間も専門的な懇談の時間を取るのが難しいことが多いのです。

 その点、補佐官の立場は、特に私のように民間登用であれば政治家と違って、テクニカルな議論や視察に大幅に時間を取りやすく、しかも時間が許せば1~2週間の滞在も可能です。さらに、相手方からみても補佐官は政治任用された“高官”なので、実務者レベルの視察ではお目にかかれないクラスの方も都合を付けていただけます。今回、OECDはシュライヒャー教育・スキル局長だけでなく、ナンバー2のカプファーラー事務次長がお会いくださいました。私だけでなく、文科省の「外交」としても実に有意義なことでした。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

鈴木 寛 [文部科学大臣補佐官、東京大学・慶応義塾大学教授]

すずき・かん/元文部科学副大臣、参議院議員。1964年生まれ。東京大学法学部卒業後、86年通産省入省。2001年参議院議員初当選(東京都)。民主党政権では文部科学副大臣を2期務めるなど、教育、医療、スポーツ・文化を中心に活動。党憲法調査会事務局長、参議院憲法審査会幹事などを歴任。13年7月の参院選で落選。同年11月、民主党離党。14年から国立・私立大の正規教員を兼任するクロス・アポイントメント第1号として東京大学、慶応義塾大学の教授に就任。同年、日本サッカー協会理事。15年2月から文部科学大臣補佐官として大学入試改革などを担当している。


鈴木寛「混沌社会を生き抜くためのインテリジェンス」

インテリジェンスとは「国家安全保障にとって重要な、ある種のインフォメーションから、要求、収集、分析というプロセスを経て生産され、政策決定者に提供されるプロダクト」と定義されています。いまの日本社会を漫然と過ごしていると、マスメディアから流される情報の濁流に流されていってしまいます。本連載では既存のマスメディアが流す論点とは違う、鈴木寛氏独自の視点で考察された情報をお届けします。

「鈴木寛「混沌社会を生き抜くためのインテリジェンス」」

⇒バックナンバー一覧