IoTがビジネスを変える!|ダイヤモンド・オンライン
ビジネスモデルの破壊者たち
【第337回】 2015年3月19日
著者・コラム紹介 バックナンバー
瀧口範子 [ジャーナリスト]

IoT冷蔵庫の中には
ビジネスチャンスが転がっている

LG電子の「Smart ThinQテクノロジー」を使った冷蔵庫(画像は同社Webサイトより)。冷蔵庫のドアに付けられたスクリーン上でショッピングリストを作り、それをスマートフォンに送信したり、中の材料でレシピを探したりできるという

スマート冷蔵庫は
古くて新しいテーマ

 家庭用のIoTに関する古くて新しい話題は、「スマート冷蔵庫」である。家庭の中心であり、食事の中心である冷蔵庫がインターネットに接続されたら何ができるのか、何をすべきなのか。メーカーや研究者らが、そうしたことをずっと考え続けてきた。

 そんな長い歴史があるにもかかわらず、スマート冷蔵庫はまだ家庭に普及していない。予想以上に難しい課題だからだ。そんな冷蔵庫に代わって、スマート・サーモスタットやスマート照明、スマート・ドアノブなどがどんどん先に家庭に入って来ている状況だ。

 それでも、これまでのスマート冷蔵庫の構想や早い時期のモデルはなかなか興味深い。

 基本的に冷蔵庫利用のポイントは、常備食品の在庫を保ち、生ものを腐らないうちに使うこと、そして中味がいつも把握できることだ。

 LG電子は、早くも2000年にそんなことができるスマート冷蔵庫を発表していたが、それは透明の容器に入ったミルクやジュースの残量を認識し、ドアに取り付けられたスクリーンが中に入っている他の食品も表示して、レシピまで呼び出すというものである。

 マイクロソフトが未来像を描いたビデオで見せていた冷蔵庫も、残り物は何日までに食べるようにといった表示まで、透明のドアに映し出されるという気の配りよう。

 またよく映画では、「ミルクがなくなった」と言うだけで、ミルクが注文されるような場面も出てくる。

 そういう理想的なスマート冷蔵庫像は、なかなか捨て難く、最近の最新冷蔵庫はそれにだんだん近づいているようだ。中の食品管理がドアのスクリーンからでき、買物リストもそこから簡単に作成、それをスマートフォンに送ってくれるというものまである。

  • 1
  • 2

SPECIAL TOPICS

瀧口範子 [ジャーナリスト]

シリコンバレー在住。著書に『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』(共にTOTO出版)。7月に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか?世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』(プレジデント)を刊行。


ビジネスモデルの破壊者たち

シュンペーターの創造的破壊を地で行く世界の革新企業の最新動向と未来戦略を、シリコンバレー在住のジャーナリストがつぶさに分析します。

「ビジネスモデルの破壊者たち」

⇒バックナンバー一覧