ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

苦しいときこそ分散投資が基本

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第30回】 2008年4月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 結論は出ているのだが、分散投資か、集中投資か、という選択は投資家にとって永遠のテーマだ。

 一般論として、分散投資のほうがリスクを抑えられる(そして平均的な収益率は下がるわけではない)から効率がよいということは、数学的にも、経験則的にも明らかなので、「結論は出ている」。

 しかし、多くの投資家は、一般論として分散投資が有利だと聞いても、自分は「一般」ではなく「特別」でありたいと思っている。自分の能力を信じる者も、自分の運を信じる者も、自分のアドバイザーの優秀性を信じる者も、能力以上の判断を下しているという意味で自信過剰であり、これは、「オーバー・コンフィデンス」という用語で行動ファイナンスのよくある研究テーマになっている。

 もっとも、オーバー・コンフィデンスがなければ、人は投資をしようという気分になりにくいだろう。また、自信は人間が生きる元気の源だ。オーバー・コンフィデンスのすべてが悪いわけではない。

 だが、現実の投資家の行動は、ついつい集中投資に傾く。つまり、セオリーからはずれがちなのだ。

 加えて、サブプライム問題で内外の株式市場が不調な現在のような状況では、投資家の運用も上手くいっていないことが多いが、その場合に、いっそう集中投資の傾向が強化される公算が大きい。

 この傾向も、行動ファイナンス的に説明がつく。たとえば、投資元本の額のように、投資家が意識している「参照点」を手持ちの株式の評価額が下回った場合、投資家はリスクを避けるのではなく、むしろリスクを好むようになるという傾向が報告されている。これはノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマンらが考案した「プロスペクト理論」と呼ばれる体系に組み込まれている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧