ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

社会生態学はすでに起こった未来を見る

上田惇生
【第158回】 2009年8月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
すでに起こった未来
ダイヤモンド社刊
2415円(税込)

 「私は自分が何であろうとしてきたかを知っている。私は自分が社会生態学者だと思っている。自然生態学者が生物の環境を研究するように、私は人間によってつくられた人間の環境に関心をもつ」(『すでに起こった未来』)

 社会生態学とは、ドラッカーの造語である。しかし、1つの体系として、社会生態学は由緒ある系譜を誇るという。

 ドラッカーは、しばしば未来学者と呼ばれる。しかし、もしドラッカーが絶対にそうでないもの、あるいは社会生態学者がそうであってはならないものを一つ挙げるとするならば、それは未来学者と呼ばれることだと言う。

 未来を予測しても無駄である。人にできることではない。コンピュータが絵解きするなどという考えは、あまり賢いとはいえない。

 予測にかかわる最大の問題は、優れた予測家が予測さえしないことのほうが、予測したことよりも常に重要であるという事実にある。未来学者は、予測したものがどれだけ実現したかによって的中率を測る。実現した重要なもののなかで、予測しなかったものがどれだけあるかは数えない。

 これに対し、社会生態学はすでに起こったことを見る。そこからすでに起こった未来を見る。

 「重要なことは、すでに起こった未来を確認することである。すでに起こり元に戻ることのない変化、しかも重大な影響をもつことになる変化でありながら、未だ認識されていないものを知覚し、かつ分析することである」(『すでに起こった未来』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧