ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
相川俊英の地方自治“腰砕け”通信記

改革の成果あげる若手市長をいびり出す
住民よりも感情優先の松阪の古い市議会

相川俊英 [ジャーナリスト]
【第134回・最終回】 2015年3月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 いきなりこんな話を切り出して恐縮ではあるが、2010年4月から始まったこの連載も、今回が最終回とあいなる。5年間おつき合いいただいた読者には、心から感謝したい。

 今頃になって説明するのもなんではあるが、連載中には色々な方から「妙なタイトルですね」と訝しげに言われた。なかには「ずいぶん謙虚なタイトルですね」とおっしゃる方もいたが、それは違う。こちらの本意は、「腰砕け地方自治通信記」なのだ。つまり、腰のすわっていない地方自治体の情けない実態のレポートという趣旨である。プライドが高い首長や地方議員、自治体職員などに配慮し、前後を入れ替えて「地方自治腰砕け通信記」にしただけなのである。

 実際、日本の地方自治体のほとんどが自治という名に値しない体たらくを続けている。全国津々浦々を20年以上訪ね歩いていて、それを痛いほど実感している。住民は行政(自治体)にお任せ・要求し、行政(自治体)は国(政府・中央省庁)に依存し、すがりつく。その頼みの国は、アメリカの顔色ばかりをうかがっている。そんないびつな関係が強固に築き上げられ、いまやすっかり定着している。

 それでも、1788ある自治体の中には、少ないながらも自治の道をしっかり歩んでいるところもある。三重県松阪市(連載第74回)長野県下條村(連載第70回)神奈川県秦野市(連載第60回)などだ。いずれも、住民本位の行政運営に手腕を発揮する首長の存在が大きい。

 そんな輝く自治体の代表的な存在である松阪市の市長が、任期途中(この夏)での辞任を表明し、政界からの引退まで口にしたから、びっくり仰天してしまった。いったい何があったのか、本人を直撃取材することにした。

 松阪市の山中光茂市長は、2009年に各党各会派相乗りの現職候補を破り、史上最年少(当時)となる33歳で市長に就任した。山中市長は、市民と職員が一体となって「役割と責任」を果たしていくまちづくりを掲げ、情報公開を徹底し、市民との直接対話に力を注いだ。政策決定前に「ワークショップ」や「意見聴取会」を開き、市民に政策形成過程に加わってもらうという、直接民主的な手法を導入した。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

相川俊英 [ジャーナリスト]

1956年群馬県生まれ。放送記者を経て、1992年にフリージャーナリストに。地方自治体の取材で全国を歩き回る。97年から『週刊ダイヤモンド』委嘱記者となり、99年からテレビの報道番組『サンデープロジェクト』の特集担当レポーター。主な著書に『長野オリンピック騒動記』など。


相川俊英の地方自治“腰砕け”通信記

国政の混乱が極まるなか、事態打開の切り札として期待される「地方分権」。だが、肝心の地方自治の最前線は、ボイコット市長や勘違い知事の暴走、貴族化する議員など、お寒いエピソードのオンパレードだ。これでは地方発日本再生も夢のまた夢。ベテラン・ジャーナリストが警鐘を鳴らす!

「相川俊英の地方自治“腰砕け”通信記」

⇒バックナンバー一覧