ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「引きこもり」するオトナたち

淡路島刺殺事件40歳容疑者を他人事に思えない人々

池上正樹 [ジャーナリスト]
【第236回】 2015年4月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
孤独な40代の気持ちとは?
※写真はイメージです

 先月、兵庫県淡路島で起きた5人刺殺事件を取り上げた前々回のコラム『孤独な40歳が5人を殺害するまでに一体何があったのか』に対し、数多くの方からどっと反響が寄せられた。

 目立ったのは、40歳前後の同世代からのメールだ。

 「他人事ではない」
 「自分も同じような状況(境遇)にあります」

 とりわけ地方に住む人たちからの、そんな切羽詰まった反応が目についた。

 あまりの数の多さに、筆者1人では対応しきれず、いまだすべての方に返事ができずにいることを申し訳なく思っている。

 ただ、すべての方のメールは目を通していて、深刻度の高そうな状況にある方から優先的に順次、返信していきたい。

 さて、今回はそうした感想の一部を引用して情報共有したいと思う。

「自分たちだって人間なのです」

<私も一時期、接触は求めていましたが、それでも外部との関わりが途絶えていたことがありました>

 自分を「社会的弱者」だという地方の方から、こんな感想をいただいた。

<最近では「ひきこもり→A型、B型就労(*)」という強引な支援法?が、こちらでは、普通になってきています。ただ自分達だって人間なのです。自分達の意思も尊重してもらいたいというのが本音です>

 以前から指摘してきたように、当事者たちを様々な診断名義や定義、実態のないレッテルなどで分類することは、支援者側からすると便宜上、必要な面もあるのだろうが、本人たちにとっては、あまり意味がない。

 なぜなら、引きこもりとは、そういう現在の状態が共通しているだけであって、そうなった背景も要因も、望んでいる将来の人生も、みんな様々だ。

 引きこもりやすい傾向の人たちは、周囲の気持ちがわかる心優しい持ち主が多く、相手を気遣いし過ぎて疲れてしまう。

(*)厚生労働省による障害者の就労支援事業のこと。通常の事業所に雇用されることが困難な障害者に就労の機会を提供するとともに、生産活動その他の活動の機会の提供を通じて、その知識及び能力の向上のために必要な訓練を行う。雇用契約を結び利用する「A型」と、雇用契約を結ばないで利用する「B型」の2種類がある(編集部注)。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

池上正樹 [ジャーナリスト]

通信社などの勤務を経て、フリーのジャーナリストに。主に「心」や「街」を追いかける。1997年から日本の「ひきこもり」界隈を取材。東日本大震災直後、被災地に入り、ひきこもる人たちがどう行動したのかを調査。著書は『ひきこもる女性たち』(ベスト新書)、『大人のひきこもり』(講談社現代新書)、『下流中年』(SB新書/共著)、『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』(ポプラ新書)、『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』(青志社)など多数。TVやラジオにも多数出演。厚労省の全国KHJ家族会事業委員、東京都町田市「ひきこもり」ネットワーク専門部会委員なども務める。YAHOO!ニュース個人オーサー『僕の細道』

 


「引きこもり」するオトナたち

「会社に行けない」「働けない」――家に引きこもる大人たちが増加し続けている。彼らはなぜ「引きこもり」するようになってしまったのか。理由とそうさせた社会的背景、そして苦悩を追う。

「「引きこもり」するオトナたち」

⇒バックナンバー一覧