ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
デジタル流行通信 戸田覚

ついに登場するiPhoneは、日本市場でヒットするのか

戸田 覚 [ビジネス書作家]
【第31回】 2008年6月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 7月11日にいよいよiPhoneが発売される。すでに世界で600万台出荷されたという注目の携帯電話だ。この夏の新モデルから高速な通信規格3Gに対応する新しいモデルとなり、ワールドワイドで出荷される。日本もその一国というわけだ。

アップル製iPhone
アップル製iPhone。新モデルから3G対応のニューモデルとなり、この夏、いよいよソフトバンクモバイルから登場する。

 iPhone最大の魅力は、機能性能ではない。アップルの製品であると言うことだ。パソコンの世界では、弱小のプラットホームであるMacOSを長年にわたって継続し、売り続けてこられたのも、アップルだからこそだ。同社の製品には、機能性能を超えた何かがある。文化、ポリシー、気持ちよさ、愛着、デザイン……人によって感じ方は違うが、確実に独特の「何か」を持っているのだ。それがiPodのヒットに結びつき、iPhoneへと伝承されているのだ。

 初代iPhoneが登場したときには、本体を傾けると写真が傾いたり、指で縮小拡大できるインタフェースが注目された。今回のアップデートで最大の目玉は、サードパーティ製のソフトが提供されることだ。以前、本コーナーでも取り上げたゲームを始め、様々なジャンルの魅力的なソフトが登場する。

 世界中で共通のプラットフォームを利用するので、当然ソフトの売上の期待も大きい。開発メーカーとしても、力が入るところだ。さらに、高速な3G対応により、地図のダウンロードや写真の共有など、ヘビーなデータのやり取りも快適になる。新しいソフトも数多く登場するだろう。

 日本では、ソフトバンクモバイルが扱うのだが、果たしてヒットするだろうか? 日本でも「好き者」の期待は大きい。当然、発売当日は行列ができ、テレビのニュースでも流れること間違いなしだ。だが、注目したいのは、その後どこまで出荷が伸びるかだ。

 あくまでも予測だが、「日本製ケータイ vs iPhone」の戦いを占ってみよう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

戸田 覚[ビジネス書作家]

1963年東京生まれ。ビジネス書作家、コンサルタント。株式会社アバンギャルド、有限会社戸田覚事務所代表取締役。ハイテク、パソコン、成功する営業のコツ、新商品開発、新事業開発といったテーマを中心に、執筆、出版プロデュース、講演、コンサルティングに携わる。ビジネス誌、パソコン誌、情報関連雑誌をはじめとして多数の連載を抱える。
著書に『あのヒット商品のナマ企画書が見たい!』『プレゼンの極意を盗め!』(以上、ダイヤモンド社)、『すごい人のすごい企画書』(PHP研究所)、『仕事で使える!クラウド超入門』(青春出版社)、『LinkedIn人脈活用術』(東洋経済新報社)など多数がある。
著者ブログ:http://www.toda-j.com/weblog/
株式会社アバンギャルドHP:http://www.avant-garde.jp/


デジタル流行通信 戸田覚

PC、携帯、家電、ウェブ、ITサービス、ITソリューションなど、デジモノ&IT全般にかかわる最新トレンドを、ビジネス作家・戸田覚が毎回鋭い視点でレポートしていくコラム。

「デジタル流行通信 戸田覚」

⇒バックナンバー一覧