ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

動画配信の黒船ネットフリックス今秋上陸の脅威

週刊ダイヤモンド編集部
2015年4月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
世界50カ国でオンライン動画配信するネットフリックス。米国では月額料金8.9ドルという価格で支持を広げてきた
Photo:Bloomberg/gettyimages

 オンライン配信こそテレビの新しい形である──。そう信じてやまない米ネットフリックスが今秋日本に上陸する。注目されるのは、全世界5740万人に上る膨大なユーザーを基盤にした、オリジナル作品の配信能力だ。

 「あれと同じことを日本でもやられたら脅威だ」

 国内でオンライン動画配信サービスを手掛けている企業幹部たちが口をそろえて挙げるのが、2013年2月にネットフリックスが独自配信を始めた連続ドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」だ。

 映画監督のデヴィッド・フィンチャー氏が手掛けるこの作品は、ホワイトハウス入りを目指す下院議員を主人公にした政治サスペンスドラマ。最初のシーズン(全13話)だけで100億円以上を費やした作品は大ヒットとなり、米テレビ界のアカデミー賞といわれる「プライムタイム・エミー賞」をオンライン配信作品として史上初めて受賞するなど称賛を浴びた。

 さらに今月には、米ディズニーと組んで人気コミックのヒーローを主人公にした連続ドラマ「デアデビル」の世界同時配信をスタート。毎週のように新作の“封切り”をしている。

 そうした成功を一段と強固にしているのが、ユーザーの視聴データの分析だ。膨大なデータから好みのコンテンツを次々と推薦することで平均1日1時間以上と高い利用時間を維持。1997年にDVDの宅配ビジネスから始まった同社は、オンライン配信の巨人となり、米国の大手テレビ局の経営に影響を与える存在になっている。

 「日本でのサービス展開も、やはり鍵になるのは独自コンテンツ。民放各局を回ってドラマの先行配信契約などを打診している」(業界関係者)と、着々と仕込みを進めているようだ。

次のページ>> 迎え撃つ国内勢
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧