HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

ココロを癒せば会社は伸びる

優秀な人ほどうつになりやすい

川西由美子 [EAP総研株式会社 代表取締役社長]
【第7回】

 ストレスがたまったときにあらわれる反応のうち、働く人がいちばん見逃してしまいがちなのが、「ココロ」に関するものです。

 私は、ココロがストレスでダメージを受けて、「知」「情」「意」のいずれかに悪い影響が出てしまっている人をしばしば見かけます。

 たとえば、「知」に関するものでは、感覚機能や記憶力、判断力が鈍るという症状があります。

ストレスが感覚に悪さをする

 私のカウンセリングルームのすぐ近くに桜の木があって、毎年きれいな花を咲かせるのですが、ある年、相談者の男性が満開の時期にカウンセリングにやってきました。私が「桜の花、きれいだったでしょ?」と言うと、 「えっ、桜なんて咲いてましたか? 全然気がつきませんでした」とキョトンとしていました。

 その道を通らなければカウンセリングルームには来られないので、目に入らないはずはないのですけれど……。その男性も、仕事上のストレスで感覚機能が鈍っているために、桜の花は視界に入っても、見てはいなかったのでしょう。

 そのほか感覚が鈍くなる例としては、好きなものに興味がもてなくなったり、食欲や性欲などの欲求がなくなったりします。

 ストレスがたまると 情緒も不安定になります。怒りっぽくなったり、涙もろくなったり。あるいは嬉しいはずなのに喜びを表現できないというのも、ストレスが邪魔をしてしまっている例です。さらに、ストレスは「意」にも悪い影響を与えます。具体的には、注意力や集中力を鈍らせてしまうのです。

デキる人ほどうつが多い

 働く多くの人が、ストレスと聞いて連想するのが「うつ」だと思います。

 なぜ、うつになってしまうのかについては、最近、精神科医の先生などが書かれたわかりやすい本がたくさん出ていますので読んでいただくとして(原因は一つではない、ということは言えます)……、ここでは私が働く人に対するカウンセリングをしていて、よく目にするパターンを紹介します。これは、どこの会社でも見られるパターンです。

1 2 3 >>
このページの上へ

川西由美子 [EAP総研株式会社 代表取締役社長]

EAP業界の草分け的存在としてストレス対策に関するテレビ、ラジオ、雑誌のコーディネートをはじめ、企業内の「ココロの健康管理」に関する組織規約づくり、臨床心理士の派遣、社員教育などの講習活動を行っている。また、医療機関や健診機関との積極的な提携を行う一方、プロスポーツ選手などのメンタルトレーニングシステム開発などのメンタルヘルスケア産業の開拓を行っている。
URL: http://www.kawanishi-yumiko.com
URL: http://www.eapjp.com


ココロを癒せば会社は伸びる

成果主義を採用する企業が増える中、一方でその弊害も出つつある。「心」のケアをおろそかにしないことこそが企業の活力の伸ばすポイントだ。

「ココロを癒せば会社は伸びる」

⇒バックナンバー一覧