ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊
【第68回】 2015年5月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
小栗正嗣 [週刊ダイヤモンド編集部論説委員]

トヨタ生産方式は他業種にも適用できる!
純利益2兆円を生む組織力を徹底分析
『トヨタ式人づくりモノづくり 異業種他業種への導入と展開』

1
nextpage

いよいよ決算シーズン。日本製造業の雄であるトヨタ自動車は今期第3四半期時点で純利益1兆7268億円(連結)を計上し、通期での純利益2兆円の突破が目前、変わらぬ強さを見せつけています。今回ご紹介するのはまさにそのトヨタを分析した『トヨタ式人づくりモノづくり 異業種他業種への導入と展開』。製造業以外にも適用できる「トヨタ生産方式」の真髄を、この連載でほんの少しお見せしましょう。

2期連続で最高益を更新
トヨタ自動車の強みとは

 トヨタ自動車の力強さが際立っています。2015年3月期は2期連続の最高益更新が確実。連結売上高26兆5000億円、連結当期純利益はついに2兆円を突破する勢いです。日本製造業の代表選手の面目躍如でしょう。

 評者は15年前、自動車業界担当としてトヨタを担当していました。当時の連結売上高はざっと現在の半分(13兆円)ながら、すでに日本の最強メーカーの名をほしいままにし、一人勝ちといっていい状況でした。

 この会社の強さはどこからくるのか、何がすごいのか――。当時、取材した同社の経営幹部はこう語っていました。

 「強みは現状否定だと思う。うちの企業風土を一口で言うなら〝変わらざるは悪〟でしょうね」

 自動車産業等、モノづくり研究で知られる藤本隆宏・東京大学教授も、トヨタという組織体をこう評していたものです。

 「トヨタの社員は、まずどんな問題があるかを語ろうとする。トヨタの真のコアコンピタンスは〝変革する能力〟にこそあると見ています」

 変革力を源泉はこの会社のDNAというべき「トヨタ生産方式」に他なりません。

 その基本コンセプトである「ジャスト・イン・タイム」(必要なものを、必要な時に、必要なだけつくる)「にんべんのつく自動化」(自働化、異常時に機械を止め原因を究明する)や「ムダの排除」などには最終答案がありません。改善には終わりというものがない。トヨタのDNAは、もっともっと、と変化を促すものなのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


小栗正嗣 [週刊ダイヤモンド編集部論説委員]

1963年長野県生まれ。早稲田大学法学部卒業後、1987年ダイヤモンド社入社。『週刊ダイヤモンド』編集長を経て、2014年より現職。


いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊

ダイヤモンド社は2013年5月1日に創立100年を迎えることになりました。雑誌を追う形で始まった書籍事業も、ビジネスジャンルを中心に刊行点数は1万点を優に超えています。

書籍は、その時々の経済環境や流行など世相を色濃く反映しているものが多数を占めますが、時代を超えて読み継いでもらいたい名著が、私達の書棚にはたくさん並んでいます。

本連載は100周年を記念し、普遍の名著と呼ばれる作品から、今だからこそ読みたい隠れた名作まで、有名無名織りまぜた100冊を紹介していきます。ダイヤモンド社が誇るベテラン執筆陣の、単なる書評にとどまらない論説をご期待ください!

 

「いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊」

⇒バックナンバー一覧