ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
すぐに役立つビジネス文書実践講座
【第7回】 2008年4月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
中川路亜紀 [コミュニケーション・ファクトリー代表]

ファックスのマナー、知っていますか?

1
nextpage

 「ファックスにマナーなんてあるの?」

 と思う人もいるかもしれない。

 ファックスといえども、ビジネスでつかうツールである以上、お互いに気持ちのいいつかい方が必要だし、暗黙のうちにつくられている約束ごともある。

 第1回でもコミュニケーションツールの選び方ということで多少ふれているが、ここでも、5つのポイントについてファックスのつかい方を再点検してみよう。

【Point1】送信票はつけるのが原則!

 ファックスを送るときは、「送信票」をつけるのが原則になっている。

 送信票は、あとに続く文書の表紙としてつける場合もあれば、送信票に書かれた内容自体が本題であることもある。どちらにしても、ファックスの送受信で最低限必要な情報を、冒頭に示す役割をもっている。

 “ファックスが先方のオフィスで迷子にならず確実に相手に届くように”“送った枚数が確認できるように”“相手が返事をするときに返信先がすぐわかるように”といった配慮から、送信票に盛り込む内容は決まっており、会社ごとや部署ごとに用紙がつくられているはずだ。

 後半でファックス送信票のサンプルをいくつか紹介しておく。ぜひ参考にしてほしい。

【Point2】「送りっぱなし」にしていないか?

 「これからファックスをお送りします」

 「ファックスは届きましたでしょうか」

 とファックスの前か後に電話を入れるのがもっともていねいだが、最近は事前連絡なしで送りっぱなしもふえている。

 ファックス機の性能も高くなりトラブルも少なくなっているので、すでにファックスで何度もやりとりして、相手が確実に受け取っていることがわかり、相手も確認の必要性を感じていないようなら、電話を完全に省略してもかまわないだろう。特に急がない用件で、相手を呼び立てたくないという場合にも、あえて「送りっぱなし」にすることがある。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
再起動 リブート

再起動 リブート

斉藤徹 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年12月

<内容紹介>
僕は4回死に、そのたびに復活した。 波瀾万丈のベンチャー経営を描き尽くした真実の物語。 バブルに踊ろされ、金融危機に翻弄され、資金繰り地獄を生き抜き、会社分割、事業譲渡、企業買収、追放、度重なる裁判、差し押さえ、自宅競売の危機を乗り越え、たどりついた境地とは

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、1/8~1/14)


注目のトピックスPR


中川路亜紀 [コミュニケーション・ファクトリー代表]

1956年神戸市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。出版社勤務を経て、コミュニケーション・ファクトリーを設立。著書は『気のきいた手紙が書ける本』、『ビジネス文書の書き方』、『[新版]これでカンペキ! 誰でも書けるビジネス文書』『そのまま使える!ビジネスマナー・文書』など


すぐに役立つビジネス文書実践講座

日頃、必要に迫られて書く機会の多いビジネス文書。しかし苦手と感じる人もまた多い。豊富な書式を交えながら誰でもすぐに書けるコツを紹介します。

「すぐに役立つビジネス文書実践講座」

⇒バックナンバー一覧