ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
デジタル流行通信 戸田覚

デジカメ写真で遊び心を追求できる最新版「Photoshopエレメンツ」

戸田 覚 [ビジネス書作家]
【第43回】 2008年9月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「どのくらいの画素数があれば、デジカメが35ミリフィルムと同等の解像度になるのか」

 あるフィルムメーカーの開発者にインタビューしたことが忘れられない。

 「1300万画素程度だと思います。当面、デジカメはフィルムにはかないません」

 確かに、そんな答えであった。インタビューをしたのは、さかのぼること6~7年前だろうか。だが、解像度の進化は予想を超えており、今や、数万円のコンパクトデジカメでも1000万画素は当たり前になった。一眼レフのハイエンドユーザーも、続々とデジカメに移行中である。

 単なるスナップ写真なら、誰もがデジカメを使うようになっている。そのうえ、現実的な価格でフルサイズのCCDを搭載した一眼レフデジタルカメラも登場し始め、いよいよカメラ好きもデジカメに移行している真っ最中だ。

 面白いことに、一眼レフデジカメで撮影したRAWデータは、パソコンに取り込んで画質調整などをする際に「現像する」と呼ぶ。一眼レフデジカメの世界には、アナログから引きずっている用語がいくつもあって、写真マニアが近づきやすいように工夫されていることが実感できるのだ。

コンシューマー向けに機能を特化
「Photoshop エレメンツ」の使い勝手は?

 写真マニアは、「Photoshop」などの高級ソフトを利用して、美しく現像しようと心がけている。だが、それはどちらかと言うと「ピラミッドの頂点」だ。手ごろな価格の一眼レフデジカメを購入して写真を楽しんでいる大多数のユーザーは、10万円もするPhotoshopを買うことはできない。

 そんなユーザー向けの画像処理ソフトも多数登場しているのだが、なかでも人気が高いのはPhotoshopの技術を利用しつつ、コンシューマ向けに機能を絞り込んだ「Photoshop エレメンツ」である。こちらは、1万円台と手ごろな価格で購入できる。

 今回、Photoshop エレメンツの最新版が登場したので、早速使ってみた(ただし、今回評価したのは、製品版前の開発版のため、製品版とは機能などが異なる可能性がある)。

 デジカメの写真は、その気になれば合成したり、大胆に加工することも可能だ。「家の中で撮影したスナップにハワイの背景を組み合わせる」なんて遊び方が、ずいぶん前からもてはやされてきた。「撮影したスナップ写真に邪魔な自動車や看板があったら消してしまえる」と聞くと、とても便利そうにも感じる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

戸田 覚[ビジネス書作家]

1963年東京生まれ。ビジネス書作家、コンサルタント。株式会社アバンギャルド、有限会社戸田覚事務所代表取締役。ハイテク、パソコン、成功する営業のコツ、新商品開発、新事業開発といったテーマを中心に、執筆、出版プロデュース、講演、コンサルティングに携わる。ビジネス誌、パソコン誌、情報関連雑誌をはじめとして多数の連載を抱える。
著書に『あのヒット商品のナマ企画書が見たい!』『プレゼンの極意を盗め!』(以上、ダイヤモンド社)、『すごい人のすごい企画書』(PHP研究所)、『仕事で使える!クラウド超入門』(青春出版社)、『LinkedIn人脈活用術』(東洋経済新報社)など多数がある。
著者ブログ:http://www.toda-j.com/weblog/
株式会社アバンギャルドHP:http://www.avant-garde.jp/


デジタル流行通信 戸田覚

PC、携帯、家電、ウェブ、ITサービス、ITソリューションなど、デジモノ&IT全般にかかわる最新トレンドを、ビジネス作家・戸田覚が毎回鋭い視点でレポートしていくコラム。

「デジタル流行通信 戸田覚」

⇒バックナンバー一覧