ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司

「八方美人な社員」の方が役員に評価される!?

高城幸司 [株式会社セレブレイン 代表取締役社長]
【第137回】 2015年5月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 相手によって態度をコロコロ変えるのは良くない、相手から信用されなくなる…と思われがちです。心理学者のバトラーも、「仕事で周囲から信頼や協力を得るためには一貫した態度をとるべき」と述べていたり、マイナビウーマンが行った調査でも信用できない上司のタイプ1位に「人によって態度が変わる」が選ばれています。

 ところが、逆にコロコロと態度を変えることで、仕事を円滑にこなしている人も意外に多いようです。特に個性豊かで自己主張の強い経営陣と接する仕事をする場合、こうしたスキルが生きてくる人がいます。今回は、そんな人によって接し方を巧みに変える“八方美人な社員”の必要性について考えてみたいと思います。

三者三様の経営陣から
「仕事ができる」と評価される28歳

なぜか役員に若い頃から評価される人は、何が違うのでしょうか?
Photo:beeboys-Fotolia.com

 インターネット広告やゲーム事業で成長中のE社。最近では大学生にも人気が高く、注目度がより高まっています。そんなE社には社内で評判が高い仕事のできる人物がいます。経営企画室に所属するTさん(28歳)です。

 営業部で高い成績をあげて、本社に異動。現在は社内の各部門から経営予測を集めて、全社の業績予測をしたり、経営会議で使う資料を作成するのが主な仕事です。当然のことながら、個性豊かな経営陣と接することが数多くあります。

 「営業時代と違い、社内でコンセンサスを取りながら仕事を進めることは大変ですが、とてもやりがいを感じています」

 と、採用HPでもTさんが現在の仕事について語る記事が掲載されていました。

 ちなみにTさんが頻繁に接する役員は3名います。まずは、創業者のF社長です。創業から現在に至るまでの物語を書いた自著がベストセラーになったこともあり、世間的にも有名な人物です。笑顔が絶えず、社内で誰もが尊敬する存在。「仕事を部下に任せないと会社は成長しない」がモットーです。

 続いて、創業期に大手商社を辞めてE社に転職してきた、急成長の立役者と呼ばれているS副社長。いまでも副社長のアイディアから生み出される新規事業は数知れず、E社の成長を牽引する存在です。

 3人目は、金融機関からヘッドハントされて投資部門を任されているG専務です。数多く持ち込まれる投資案件を的確な分析によって見極め、投資。買収先とE社との高いシナジーを生み出すことで会社に大きな利益をもたらしています。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
高城幸司氏の共著「新しい管理職のルール」

時代が変ればマネジメントの手法も変わります。では、どのように「戦略」「業務管理」「部下育成」「コンプライアンス」をどうマネジメントに取り入れるのか。新しいマネジメントのルールを教える1冊。1500円(税込)

話題の記事

高城幸司 [株式会社セレブレイン 代表取締役社長]

1964年生まれ。同志社大学卒業後、リクルート入社。リクルートで6年間連続トップセールスに輝き、「伝説のトップセールスマン」として社内外から注目される。そのセールス手法をまとめた『営業マンは心理学者』(PHP研究所)は、10万部を超えるベストセラーとなった。 その後、情報誌『アントレ』の立ち上げに関わり、事業部長、編集長、転職事業の事業部長などを歴任。2005年、リクルート退社。人事戦略コンサルティング会社「セレブレイン」を創業。企業の人事評価制度の構築・人材育成・人材紹介などの事業を展開している。そのなかで、数多くの会社の社内政治の動向や、そのなかで働く管理職の本音を取材してきた。 『上司につける薬』(講談社)、『新しい管理職のルール』(ダイヤモンド社)、『仕事の9割は世間話』(日経プレミアシリーズ)など著書多数。職場での“リアルな悩み”に答える、ダイヤモンド・オンラインの連載「イマドキ職場のギャップ解消法」は、常に高PVをはじき出している。
株式会社セレブレインホームページ
高城幸司氏ブログ

 


イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司

グローバル化や女性の社会進出、上司や部下とのジェネレーションギャップなど、もはや同じ価値観を持った人とだけ仕事をすることは不可能です。そんなギャップのある人たちとの上手な付き合い方・対処法を紹介します。

「イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司」

⇒バックナンバー一覧