ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
伝え方が9割(2)
【第12回】 2015年11月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐々木圭一 [コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師]

「世界を変えるスーパーヒーローに
一緒になりませんか?」
【佐々木圭一×ジョン・ウッド】

1
nextpage

発展途上国の恵まれない子どもたちに教育機会を提供することを目的に、図書館や学校の設立などを精力的に行うNPO「ルーム・トゥ・リード」。この創設者であり共同理事長であるジョン・ウッド氏と、シリーズ82万部突破のベストセラー『伝え方が9割(2)』の著者、佐々木圭一氏が対談。伝えること、子どもの教育を変えることを信念に持つ二人の考えとは。

1000万人の子どもたちに
学校を、図書館を、児童書を

佐々木『マイクロソフトでは出会えなかった天職』を読ませていただいて、非常に感銘を受けました。マイクロソフトで大成された方が、その座を捨ててまで起業されたということ自体すごいですし、利益優先の仕事から信念優先の仕事へシフトチェンジされたことに、すごく驚きました。

ジョン・ウッド(John Wood) ルーム・トゥ・リード創設者。クリントン・グローバル・イニシアチブのアドバイザリー・ボードメンバー。コロラド大学で経営管理学修士、ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院で経営管理学修士を取得。1999年にマイクロソフトのマーケティング部門の重役の座を捨て、ルーム・トゥ・リードを設立。アジアとアフリカの10ヵ国で子どもたちに教育と読み書き能力という生涯の贈り物を届けている。2015年、設立以来の夢であった1000万人の子どもたちへの教育支援を達成。『僕の「天職」は7000人のキャラバンになった』には、前著『マイクロソフトでは出会えなかった天職』の“その後”が描かれている。
《ルーム・トゥ・リードの実績》(2015年3月現在)学校建設 1930校、図書館・図書室開設 1万7000ヵ所以上、現地語出版 1100タイトル以上、女子教育支援 3万人以上
Photo credit: Sergio Villareal

ジョン・ウッド氏 私自身、大きな変化でしたし、最初はとても大変でした。ルーム・トゥ・リードは、「子どもの教育が世界を変える」を信念に、読み書き能力と読書習慣を育成することを目標に設立しました。1999年の設立から16年。今年ようやく1000万人の子どもたちに教育を届けることができました。設立以来のビジョン達成は、長い旅でしたが、本当にやってきてよかったと思います。

佐々木 1000万人ですか、すごいですね。

ウッド 1000万人という数字は、自分もすごく誇りに思っています。日本からもたくさんのサポートをいただいていまして、過去7年間、寄付・支援国のトップ6に日本はずっと入っています。個人の方からも、それに企業からもたくさんの支援をいただき感謝しています。もともとルーム・トゥ・リードは、グローバルな組織にしたいと思っていたので、こうやって広がっていくことは大変うれしいです。

佐々木 前職とは全然違う仕事をされていますが、支援する子どもの人数や学校建設数など数字を追いかけているのは、マイクロソフト時代の遺伝子が残っているんじゃないでしょうか(笑)。

ウッド 数字は本当にインパクトがあります。自分たちがしていることのインパクトを測るためにも、コミュニケーションにとっても非常に大切だと思います。数字もですが、データも私たちは非常に大事にしています。学校建設は、もうすぐ1800になりますし、図書館・図書室も8万室に届きそうです。

佐々木 学校が1800も。

ウッド 児童書の配布は1500万冊にも上ります。私たちは、その実績、数字に誇りとこだわりを持ってみなさんとコミュニケーションをしたいと考えています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
どうすれば、売れるのか?

どうすれば、売れるのか?

木暮太一 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
売れるものには、法則がある!ヒット商品・話題のサービス、人気コンテンツ、行列のできる店…似たように見えるのに、なぜ売れるものと売れないものがあるのか?著書累計150万部、リクルート×サイバーエージェント×富士フイルムで学んだ、センスに頼らず、繰り返し人の心を動かす究極のメソッド。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、4/16~4/22)



佐々木圭一(ささき・けいいち) [コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師]

新入社員時代、もともと伝えることが得意でなかったにもかかわらず、コピーライターとして配属され苦しむ。連日、書いても書いてもすべてボツ。紙のムダということで当時つけられたあだ名は「もっともエコでないコピーライター」。ストレスにより1日3個プリンを食べ続ける日々を過ごし、激太りする。それでもプリンをやめられなかったのは、世の中で唯一、自分に甘かったのはプリンだったから。あるとき、伝え方には技術があることを発見。そこから伝え方だけでなく、人生ががらりと変わる。本書はその体験と、発見した技術を赤裸々に綴ったもの。 本業の広告制作では、カンヌ国際広告祭でゴールド賞を含む3年連続受賞、など国内外55のアワードに入選入賞。企業講演、学校のボランティア講演、あわせて年間70回以上。郷ひろみ、Chemistryなど作詞家として、アルバム・オリコン1位を2度獲得。『世界一受けたい授業』等テレビ出演多数。株式会社ウゴカス代表取締役。

佐々木圭一公式サイト: www.ugokasu.co.jp
Facebook:www.facebook.com/k1countryfree
twitter:@keiichisasaki


伝え方が9割(2)

伝え方は「センス」ではなく「技術」です!料理に「レシピ」があるように、伝え方にも「レシピ」があります。18年間コピーライターとして実践して発見した「伝え方のレシピ」を是非最短で身につけていただければと思います!

「伝え方が9割(2)」

⇒バックナンバー一覧