ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
悪魔の対話術 ~ビジネスで「したたか」に成功する~
【第9回】 2008年7月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
内藤誼人  [心理学者]

「身長」が高い人ほど「プライド」も高い

1
nextpage

 相手がどれくらいプライドが高いのか。それを知るのは、実は、とても簡単である。というのも、彼自身の身長を見れば、かなり正確にプライドの高さも読めるのだ。私たちの身長とプライドの高さは、かなり連関しあっているのである。

 カナダにあるアルバータ大学の心理学者ユージン・レチェルト博士は、会計士、エンジニア、社会福祉士、アナウンサー、弁護士、販売員などの多様なサンプルについて、それぞれの人のプライドの高さと、身長の高さについて調べてみた。

身長が高い人は
自分が「上位」にあるように思う

 レチェルト博士によると、身長の高い人のほうが、自然と相手を見下ろすことができるので、それによってプライドも高まるのではないかと仮説を立てた。身長が高い人は、相手と会話をするとき、相手を見下ろすかっこうになり、それが心理的に上位にあるような気分にさせるというのである。

 調査の結果、この仮説は、まさにその通りであった。身長の高さだけで、その人のプライドの高さも予測することができ、その予測精度は、なんと約88%にもなったのである。

 「身長が高いほど、プライドも高い」

 レチェルト博士の調査によれば、そのように予想することができるのだ。

 さらにありがたいことに、身長というのは、目に入ってくる特徴であるだけに、相手に何の質問をしたりせずとも、読めることだ。

 「あなたはプライドが高いですか?」などと尋ねなくとも、身長が高いか低いかを見れば、「なるほど、プライドが高そうだ」と判断できるのである。これは大変に便利な手がかりである。電話などでは身長が判断できないが、対面で人に会う状況なら、いつでも使えるからだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
再起動 リブート

再起動 リブート

斉藤徹 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年12月

<内容紹介>
僕は4回死に、そのたびに復活した。 波瀾万丈のベンチャー経営を描き尽くした真実の物語。 バブルに踊ろされ、金融危機に翻弄され、資金繰り地獄を生き抜き、会社分割、事業譲渡、企業買収、追放、度重なる裁判、差し押さえ、自宅競売の危機を乗り越え、たどりついた境地とは

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、1/8~1/14)


注目のトピックスPR


内藤誼人 [心理学者]

慶応義塾大学社会学研究科博士課程修了。(有)アンギルド代表取締役。現在は、企業研修や講演等で、心理学の法則をもとにした人材育成や販売促進、企画力促進などに力を注いでいる。著書に『「人たらし」のブラック心理術』(大和書房)、『人は「暗示」で9割動く!』(すばる舎)、『パワーセルフ』(ダイヤモンド社)ほか多数。


悪魔の対話術 ~ビジネスで「したたか」に成功する~

ビジネス成功したいなら「お人よし」になるな!ビジネスに「ズルい」という言葉はない!自分のホンネはさらさずに相手のホンネを一方的に探り出すための「したたか」で「狡猾」な“悪魔の”対話術を伝授する。

「悪魔の対話術 ~ビジネスで「したたか」に成功する~」

⇒バックナンバー一覧