ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦

暴言を吐き散らす「モラハラ妻」から
夫はどうやって娘を救ったか?(下)

露木幸彦 [露木行政書士事務所代表]
【第4回】 2015年5月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

>>(上)より続く

 一方で、香織さんはどうだったのでしょうか。結愛ちゃんを見たり、触れたり、手を伸ばしたりして心配する素振りはなく、「どうということはない!」と吐き捨てたのです。そのときは亮さんも頭にきて、「イスから落ちないように、お前も気をつけてあげなよ! もうちょっと心配したらどうなの! それでも母親か!」と苦言を呈したところ、香織さんは反省するどころか「(イスから落ちたのは)私のせいではないでしょ!」と食ってかかってきたのです。

妻には子どものために何かを
しようという気持ちが全くない

 こうした3つのエピソード(遊び相手をする、髪を洗う、椅子から落ちる)に共通するのは、香織さんの根底には「私がやらなくても、まぁ大丈夫。どうせ夫が代わりにやってくれるだろう」という甘えがあり、そのせいで亮さんに先んじて香織さんが動くことはなく、「万が一、夫がやってくれなかったら子どもはどうなるのだろう」という責任感が抜け落ちていることです。あらゆる言動の背景には、「子どもへの愛情の欠如」が見え隠れしますが、亮さんは6年間の結婚生活のなかで少しずつ、これらのことに気づいていったそうです。「嫁には『子どものために』何かをしようという気がないんです!」と。

4.まともに躾をしようとせず、子どもの成長に悪影響を与える行為

 「嫁は人任せで、自分では何も教えようとしないんです! 娘はまだ4歳なので、性格も素直で教えられたことは吸収しやすい年頃だから、どうせ教えるのなら今がいいのに」

 亮さんは、もう少しで唾を飛ばさんばかりの勢いでそう訴えかけたのですが、いったい何があったのでしょうか。どうやら香織さんは、結愛ちゃんに物事を教えるのを面倒に感じているらしく、最低限のことすら教えようとせず、結局亮さんがすべて代わりにやらざるを得なくなったそうなのです。

 たとえば、トイレの使い方、排便後のお尻の拭き方、衣服の着脱の仕方、たたみ方、食事の仕方、箸やお椀の持ち方、顔の洗い方、歯磨きのやり方、平仮名の読み書き、絵の書き方、時計の見方、数字の数え方などなど――。

 亮さんも業を煮やして香織さんに、「少しは自分でやったらどうなんだ」と詰問したのですが、香織さんは意に介さず、「そんなことは保育園で教えてもらったらいい!」と一喝してきたそうです。「保育園や学校よりも、まずは家で親が基本的なことを教えるべきだと思うんですが。普通は……」と亮さんはため息をつきながら、そう嘆くのです。

 それだけではありませんでした。

 確かに亮さんが香織さんの分も含め、2人分の育児を担当すれば何も問題はないし、香織さんの存在は結愛ちゃんにとってほぼプラスマイナスゼロであり、マイナスの影響を及ぼすことはほとんどありません。しかし、香織さんは何もしないだけでなく、あろうことか亮さんの邪魔をし始め、結愛ちゃんへマイナスの影響を与えようとしたのです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

露木幸彦[露木行政書士事務所代表]

つゆき・ゆきひこ/行政書士、フィナンシャルプランナー。1980年生まれ。国学院大学卒。男性の離婚相談に特化した行政書士事務所を開業し、開業から6年間で有料相談件数7000件、法律文書作成900件を達成。公式サイトは1日訪問者3300人、会員数は1万3000人と、業界では最大規模にまで成長させる。2008年よりドコモ、au、ソフトバンクの公式サイトで法律監修を担当。四半期に一度、大相談会を開催している。主な著書に『結婚貧乏~結婚してはいけない人を避ける方法』(中央公論新社)、『離婚のことばハンドブック~今すぐ解決したい人のキーワード152』(小学館)、『男のための最強離婚術』『男の離婚 賢く有利に別れるための6つの成功法則』(共にメタモル出版)などがある


実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦

昨今の離婚事情は複雑化している。夫が借金、浮気、暴力を繰り返して妻に愛想を尽かされるという「昭和型離婚」ばかりでなく、足もとでは「草食系離婚」も急増している。妻が多重債務、不倫、ヒステリーなどを繰り返し、真面目で優しい夫がそれに絶えられなくなって離婚を決意するというパターンだ。そうしたなか、離婚トラブルで悩み悶える男性が増えている。一度離婚トラブルに発展すると、男性は多くの精神的・物理的な負担を強いられる。到底納得できない理不尽な離婚トラブルに意図せず巻き込まれた場合に備えて、普段から対処法を考えておくことは必要だ。「男性の離婚相談」に特化し、数多くの相談実績を誇る行政書士の露木幸彦氏が、毎回実例を挙げながら、男性が陥り易い離婚トラブルへの対処法を指南する。読まずに泣くか、読んで笑うか――。現在離婚トラブルで悩んでいる人もそうでない人も、「他人事ではない男の離婚」について考えるための参考にしてほしい。

「実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦」

⇒バックナンバー一覧