ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
クラスアクションから会社を守る!
【第2回】 2015年5月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
ライアン・ゴールドスティン [米国弁護士/クイン・エマニュエル・アークハート・サリバン外国法事務弁護士事務所 東京オフィス代表]

不要な「クラスアクション」を避ける方法とは?
相手の言い分に耳を傾けつつ、自分の主張は堂々と!

1
nextpage

近年、アメリカでビジネスを展開している企業が揺れている。タカタ製のエアバッグがリコールの対象となるとともに、消費者から損害賠償を提起されるなど、クラスアクション(集団訴訟)の危険性が増しているからだ。しかし、日本企業の立場に立って数々の訴訟を戦ってきた、ライアン・ゴールドスティン米国弁護士は、「日本企業はクラスアクションをむやみに恐れないでほしい」と主張する。では、日本企業はクラスアクションにどう備え、どう対応すればいいのか?3回にわたって連載していただく。

裁判所が「クラス認定」のハードルを上げている

 今回は、クラスアクションの最近のトレンドをご紹介します。

 まず、企業にとって追い風となるトレンドからご説明していきます。
 クラスアクションには、「クラスの認定」というステップがあります。裁判所が、被害者の一部が全体(クラス)を代表する訴訟(アクション)であると認めて、はじめて訴訟が正式にスタートするのです。逆に、「クラスに該当しない」ことを被告企業が立証できれば、クラスアクションは未然に防げるわけです。

 そして、裁判所がクラスを認定する基準のハードルを上げているのが、近年のトレンドなのです。

 たとえば、こんな事例がありました。
 アメリカの大手スーパーマーケットの女性従業員が、賃金や昇進などで男性と比べ差別されているとして約150万人からなるクラスアクションを提起。賠償請求は数兆円という途方もない金額に上るとみられていました。かつて、同様のクラスアクションで「クラスの認定」を受けたケースがあったのですが、このとき、連邦最高裁はクラスアクションと認めるだけの共通性がないと判断したのです。

 これまで、「クラスの認定」は、原告側が「これから共通性を証明していく」と主張すれば認められるケースが多かったのですが、そのトレンドが変わったのです。

 もちろん、クラスアクションは、消費者を保護するという点でとても重要で優れた制度です。しかし、残念ながら、ビジネスとしてクラスアクションを起こす弁護士も少なくないのが現実。そのため、クラスアクションをむやみに利用するケースを抑制するために、ここ数年、裁判所は認定のハードルを上げているのです。また、損害額についても適正化すべく、厳しく吟味するようになっています。

 このように、「クラスの認定」が厳しくなっているトレンドは、企業にとって安心材料のひとつになると言えます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


ライアン・ゴールドスティン [米国弁護士/クイン・エマニュエル・アークハート・サリバン外国法事務弁護士事務所 東京オフィス代表]

1971年アメリカ生まれ。ハーバード大学卒業後、早稲田大学に留学。日本文化にほれ込み、すでに20年間日本在住。ソニー、セイコーエプソン、日産自動車、スズキなど日本企業の側に立って海外企業との法的紛争解決・法廷闘争を戦う弁護士として活躍している。カリフォルニア州40歳以下の優秀な弁護士に贈られる「20under40」やライジング・スターというタイトル(2度)を受賞したほか、企業法務分野では数少ない法廷闘争までカバーする弁護士として知られる。知的財産訴訟を中心に、携帯電話機器、インターネットプロバイダシステム、プリンター関連技術など幅広い技術分野の訴訟に加え、国際商業会議所(ICC)の仲裁にも数多く携わっている。東京大学大学院法学政治学研究科・法学部非常勤講師、早稲田大学大学院・客員研究員、慶應義塾大学・成蹊大学客員講師、同志社大学法学部非常勤講師などを歴任。


クラスアクションから会社を守る!

近年、アメリカでビジネスを展開している企業が揺れている。タカタ製のエアバッグがリコール対象となるとともに、消費者から損害賠償を提起されるなど、クラスアクションの危険性が増しているからだ。しかし、日本企業の立場に立って数々の訴訟を戦ってきたライアン・ゴールドスティン米国弁護士は、「クラスアクションをむやみに恐れないでほしい」と主張する。では、日本企業はクラスアクションにどう備え、どう対応すればいいのか?3回にわたって連載していただく。

「クラスアクションから会社を守る!」

⇒バックナンバー一覧