ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
保田隆明 大学院発! 経済・金融ニュースの読み方

企業は学部卒とは異なる大学院生の価値を認めよう

保田隆明 [神戸大学大学院経営学研究科准教授、昭和女子大学非常勤講師]
【第4回】 2008年6月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 早いもので大学院の前期の授業は折り返し地点を過ぎた。先週、今週、来週と中間テスト時期である。試験は何歳になっても嫌なものであるが、学習効果を高めるという意味では非常に効果がある。授業やテキストで理解をしたと思っていたことも、いざ試験になると解けないものが多い。そこで初めて認識するのだ。「あ、分かった気になっていただけで、習得はできていなかったんだな」と。

 やはり社会人としては、学んだものは実践で生かしたいという思いが強い。試験では、まさにその「どうやって生かすか」が問われるわけだが、試験によって学習効果が高まることをどこか楽しんでいる自分がいるので、不思議なものである。

 おそらくこのように感じる社会人大学院生は多いことと想像する。私が通っている早稲田大学のファイナンス研究科では、学生のほとんどが社会人であるが、授業の欠席者が非常に少ない。毎回出席を取っているためという事情もあるが、授業が終わった22時に会社に戻る人も少なくない現状からは、授業のためには何とか仕事の都合をつけているというのが正確な見方であろう。それだけ教室で得られるものに対して価値を見出しているということである。


大学院での勉学に
集中させてもらえない学生たち

 一方、もうひとつ通っている東京大学の公共政策大学院では、8割ほどが大学を卒業して社会人経験のないまま大学院に入ってきた20代前半の学生が多い。そして、なんと大学院入学後まだ数ヵ月しか経っていないのに、もう就職活動が始まりつつある。ちらほらとリクルートスーツで学校にやってくるクラスの学生が増えつつあるのだ。

 働きながら大学院に通うのもハードルが高いが、就職活動をしながら大学院の勉強に打ち込むのも、これまた別の意味でハードルが高い。社会人大学院生の場合は、時間のやりくりさえ何とかできれば対応可能である。しかし、就職活動は日々の心理状態を大きく揺さぶる。これは、一度は経験した社会人の方であれば皆共感いただけることだと思う。就職活動中は、勉強どころではなかったはずだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
保田隆明氏の著書「実況LIVE 企業ファイナンス入門講座」好評発売中!

経済・金融のグローバル化に伴い、企業を取り巻く環境は複雑化。ビジネスパーソンにとっても、経営戦略とファインスに関する知識は不可欠になっています。本書では、資金調達やM&Aなど、経営戦略とファイナンスの関係を基本から徹底解説します。 2100円(税込)

話題の記事

保田隆明 [神戸大学大学院経営学研究科准教授、昭和女子大学非常勤講師]

1974年生まれ。神戸大学大学院経営学研究科准教授、昭和女子大学非常勤講師。リーマン・ブラザーズ証券(東京/ニューヨーク)、UBS証券東京支店で投資銀行業務に携わる。その後、起業、投資ファンド運用等を経て、10年より小樽商科大学大学院准教授、14年より昭和女子大学准教授、2015年9月より現職。雑誌、テレビや講演で金融・経済をわかりやすく解説する。著書は「あわせて学ぶ会計&ファイナンス入門講座」「実況LIVE 企業ファイナンス入門講座」(ともにダイヤモンド社)ほか多数。早大院商学研究科博士後期課程満期退学。
保田氏ブログ

 


保田隆明 大学院発! 経済・金融ニュースの読み方

仕事と両立しながら大学院に通い始めた保田隆明が、大学院で学ぶからこそ見えてきた新しい視点で、世の中の「経済・金融ニュース」をわかりやすく解説する。

「保田隆明 大学院発! 経済・金融ニュースの読み方」

⇒バックナンバー一覧