ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
アクティブリスニング なぜかうまくいく人の「聞く」技術
【第2回】 2015年5月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
谷本有香 [経済キャスター/ジャーナリスト/コメンテーター]

プレゼンは完璧! なのに相手は無表情……
いったい何が悪かった?

1
nextpage

分かりやすい資料を整え、予行演習も重ねて臨んだ大事なプレゼン。なのに目の前の相手は無表情……。みなさんもこんな経験ないでしょうか。原因と対策を考えてみます。

相手の共感が不可欠

 プレゼンは、ビジネスにおける大きな山場。プレゼンのデキ次第で、商談がうまく行くかどうかが決まると言っていいでしょう。
 でも、気合が入れば入るほど、こちらが一方的にしゃべってしまうもの。そこに実は問題があるのです。
 プレゼンもコミュニケーションのひとつです。相手の納得や同意をもらうため、まず共感を引き出すことが不可欠なのです。
 自分が一方的に話し続けるのではなく、相手の共感を引き出すフレーズやアクションを合間にはさむことで、「なんだか親しい感じがするな」「話を聞いてあげてもいいな」と思ってもらう。
 具体的にどんなふうにやればいいか、私が使っている例をご紹介します。

相手との心理的な距離を縮める

 プレゼンに限らず、初対面であったりあまりよく知らない間柄だったりする場合、お互い「お手並み拝見」といった感じになりがちです。
 そんな時、私はこちらから相手との心理的な距離を縮めるフレーズやアクションを積極的に使います。

「○○さん、それでは始めさせていただきます」
「ここまでよろしいでしょうか、○○さん」

→ 発言の冒頭や終わりで、繰り返し相手の名前を呼びます。名前を呼ぶというのは、親近感を相手へ伝える最も簡単で絶大な効果がある方法です。

「ご説明に入る前にもう一度、確認したいのですが、今回、お問い合わせいただいたきっかけは、~という課題を解決したいということでよろしかったでしょうか?」
→ お互いのスタート地点が共通であることを確認するとともに、疑問形を使うことで相手にいったん話の主導権を渡します。

「この点については、どう思われますか?」
「こういう理解でよろしいでしょうか?」

→ プレゼンの途中で適宜、相手の感想や意見を聞いてみることで、一緒に考えてもらうよう促します。

出席者の目を見る
→ 複数の出席者がいるプレゼンだと、ひとりひとりの顔をあまりはっきり見ないで話す場合も多いものですが、ここぞというときは相手の心に飛び込むつもりで、出席者の目を順に、きちんと見て話します。

話がはずみそうなツールを持参する
→ プレゼンに関連したグッズや手づくりの模型などを持参すると、場が一気に盛り上がったりするものです。

谷本有香(たにもと・ゆか)
経済キャスター/ジャーナリスト/コメンテーター
大学卒業後、山一證券に入社、社内の経済キャスターに抜擢されるが、会社が自主廃業となり、フリーランスキャスターの道に。フリーの世界で仕事をさせて頂 くために、試行錯誤しながら見出したのがこの「アクティブ リスニング」。この技術に出合ってからは、十数年にわたって経済キャスターの第一線で活動し、日経CNBCでは初めての女性コメンテーターに抜擢される。 トニー・ブレア元英首相、マイケル・サンデル ハーバード大教授、著名投資家のジム・ロジャーズ氏などの独占インタビューをはじめ、世界のVIPへのインタビューは1000名を超える。 Bloomberg TV、日経CNBCなどを経て、現在はフリーで国内外の著名人インタビューや、金融・経済セミナーのモデレーター、Huffington Post、TABI LABO等でコラムなどを手掛ける。また、テレビ朝日『サンデースクランブル』ゲストコメンテーターとして不定期出演中。2015年4月から、日経 CNBC『夜エクスプレス』アンカー

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


谷本有香 [経済キャスター/ジャーナリスト/コメンテーター]

大学卒業後、山一證券に入社、社内の経済キャスターに抜擢される。しかし2年後、会社が自主廃業となり、フリーランスキャスターの道を選ぶ。ところが、アナウンス訓練も受けたことがない、人としゃべるのが苦手、敬語も使えない、知識も教養もない、のないないづくしで、フリー初日から厳しい洗礼を受ける。 そこで、フリーランスの世界での生き残り策を必死で考え、コミュニケーション術が大きく影響していることに気づく。そこからはフリーの世界で明日も仕事をさせて頂くために、試行錯誤しながら最強の技術を探求し、見出したのがこの「アクティブ リスニング」である。この技術に出合ってからは、十数年にわたって経済キャスターの第一線で活動し、日経CNBCでは初めての女性コメンテーターに抜擢される。経済シンポジウムでは元日銀副総裁らに交じりパネリストを務めるなど、仕事の範囲が大きく広がることに。また、トニー・ブレア元英首相、マイケル・サンデルハーバード大教授、著名投資家のジム・ロジャーズ氏などの独占インタビューをはじめ、世界のVIPへのインタビューは1000名を超える。Bloomberg TV、日経CNBCなどを経て、現在はフリーで国内外の著名人インタビューや、金融・経済セミナーのモデレーター、企業IR支援、Huffington Post、TABI LABO等でコラム・記事執筆などを手掛けている。また、テレビ朝日『サンデースクランブル』ゲストコメンテーターとして不定期出演中。2015年4月から、日経CNBC『夜エクスプレス』アンカー


アクティブリスニング なぜかうまくいく人の「聞く」技術

トニー・ブレア 元英首相、マイケル・サンデル ハーバード大学教授、ハワード・シュルツ スターバックスCEOなど、世界のVIP1000人にインタビューした著者が明かす!!絶対 結果が出る「聞く」技術! 相手に気持ちよく話してもらい、こちらの考えをさりげなく伝え、信頼関係をつくりながら、自分の目標を実現していく。これこそが、この連載でお伝えしたい「アクティブ リスニング」という方法です

「アクティブリスニング なぜかうまくいく人の「聞く」技術」

⇒バックナンバー一覧