ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

“写真版Gメール”と早くも評判
「Google フォト」の破壊力

瀧口範子 [ジャーナリスト]
【第347回】 2015年6月4日
1
nextpage
「Google フォト」の紹介ページより。 https://www.google.com/photos/about/

 2週連続でグーグルの話題となるが、同社が先頃発表した写真とビデオの画像保存サービス、「Google フォト」の評判が大層いい。

 Google フォトは、クラウドに画像を保存し、それをコンピュータ、タブレット、スマートフォン、テレビなど、さまざまなデバイスでシンクできるというしくみだ。

 クラウドサービスは他社も提供しているが、まず無制限に無料というところが他社にない魅力だろう。写真がアップロードできるクラウドというと、すぐにアップルの「iCloud」を思い出す。しかし、こちらは5GBまでは無料だが、それ以上は容量によって課金されていく。200GBならば月額4ドル、500GBならば10ドル、そして最大の1TBが20ドルだ。

 もちろん、写真共有のフリッカーやインスタグラムなどは無料だけれど、そうしたところではシェアする写真しか上げられないし、後で探すのも一苦労だ。

人間の画像分類作業をを自動化

 無料に加えて、Google フォトは画像保存に特化した驚くべきしくみをいくつも用意している。

 たとえば検索。撮った日付や場所はもちろんのこと、「山」とか「犬」「高層ビル」といった文字で検索できるのだ。これは、グーグルが自動的にタグ付けを行っているからである。画像認識技術によって、そこに写っているものが「花」「家」「青い空」などであるかを見分ける。これまで人間が分類していた作業が不要になるということである。

 検索時には、「人」「モノ」「場所」の3つに全写真をあらかじめ分類するということも行う。何を探そうとしているのかに近づくために、先回りしてこうした分類を行っているわけで、細やかなしくみと言える。撮ったことも忘れていた写真が、ここで出てくるということもあるだろう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ビジネスプロフェッショナルの方必見!年収2,000万円以上の求人特集
ビジネスプロフェッショナルの方必見!
年収2,000万円以上の求人特集

管理職、経営、スペシャリストなどのキーポジションを国内外の優良・成長企業が求めています。まずはあなたの業界の求人を覗いてみませんか?[PR]

IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

瀧口範子 [ジャーナリスト]

シリコンバレー在住。著書に『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』(共にTOTO出版)。7月に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか?世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』(プレジデント)を刊行。


ビジネスモデルの破壊者たち

シュンペーターの創造的破壊を地で行く世界の革新企業の最新動向と未来戦略を、シリコンバレー在住のジャーナリストがつぶさに分析します。

「ビジネスモデルの破壊者たち」

⇒バックナンバー一覧