ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見

海南島ブームは今いずこ…
夢破れた経済特区の厳しすぎる現状

莫 邦富 [作家・ジャーナリスト]
【254回】 2015年6月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
経済特別区の一つ、海南島は近年リゾート地としての開発が進んだが…

 1980年代、中国は経済を発展させるために、5つの経済特別区(略して「特区」)を設立した。30年以上の歳月が過ぎ去った今、果たしてその5つの特区を間違いなく挙げられる人がどれほどいるのだろうか?

 特区として役割を果たしてきた深セン、珠海は認知され、忘れられてしまうはずはないだろう。台湾に面する厦門(アモイ)は中国本土のとの対立に走った陳水扁時代の影響で、特区としては思い存分に活躍できなかった分、かなり悔しがっているだろうと思う。しかし、残りは2つの特区の存在を覚えている人はそうはいないと思う。汕頭(スワトー)と海南島だ。

 汕頭は特区としてスタートしてからそう経たないうちにすでに失速状態に陥り、鳴かず飛ばずのまま歳月を空費してきた。いまやメディアでの露出もほとんどなく、完全に忘れられた平凡な町になってしまった。

 1988年に省に昇格された海南島は特区にも指定された。当初こそ創業の新天地として多くの人々に希望の火をともした。10万の若者が海南ドリームを求めて「天涯海角」つまり地の果てと言われるこの島にやってきた。しかし当時20歳だった若者は、27年後となる今年50歳前後になる。男としてはまだひと踏ん張りできる年だ。

 しかし、海南についていえば、27歳ですでに老いたも同然である。バブルがはじけた後は再起不能となり、完全に特区としての姿も機能も失った。ここ20数年、海南に再び人材が大規模に流入するようなことはなかった。海南にやってきた若者たちが歳を取るにつれ、海南の誇りであった特区のクリエイティブ精神も尽き果てたのである。

成長率も低い海南から
若者たちが離れていく

 中国のメディアやソーシャル・ネットワーク・サービスに、海南についての辛辣な記事や書き込みがどんどん出ている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

莫邦富(モー・バンフ) [作家・ジャーナリスト]

1953年、上海市生まれ。85年に来日。『蛇頭』、『「中国全省を読む」事典』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーに。そのほかにも『日中はなぜわかり合えないのか』、『これは私が愛した日本なのか』、『新華僑』、『鯛と羊』など著書多数。


莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見

地方都市の勃興、ものづくりの精度向上、環境や社会貢献への関心の高まり…中国は今大きく変わりつつある。先入観を引きずったままだと、日本企業はどんどん中国市場から脱落しかねない。色眼鏡を外し、中国ビジネスの変化に改めて目を凝らす必要がある。道案内人は日中を行き来する中国人作家・ジャーナリストの莫邦富氏。日本ではあまり報道されない「今は小さくとも大きな潮流となりうる」新発見を毎週お届けしよう。

「莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見」

⇒バックナンバー一覧