ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

業界初の求人サイトを開発した学生社長
リブセンス社長 村上太一

週刊ダイヤモンド編集部
【第36回】 2008年6月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
リブセンス社長 村上太一
リブセンス社長 村上太一

 居並ぶ審査員を前に足が震え、汗も噴き出していた。1週間も前から何度も練習を繰り返してきたにもかかわらずだった。

 この日は、自ら立てたビジネスプランの発表会。村上太一は、A4用紙12枚にわたる資料を配り、緊張を隠しながらプレゼンテーションを始めた。

 それから1週間後、参加者が集められコンテストの結果が発表された。「最優秀賞は村上君!」。表情にこそ出さなかったが、机の下で小さなガッツポーズを取っていた。

 今、村上は早稲田大学政治経済学部の4年生だ。2年前、早稲田大学の「ベンチャー起業家養成基礎講座」が実施したビジネスプランコンテストで優勝、リブセンスを立ち上げた“学生社長”なのだ。

 リブセンスは、「ジョブセンス」というアルバイト求人サイトを運営している。といっても他社のサイトとは大きく違う。通常のサイトでは、枠の大きさに応じて、企業は求人広告を出す際に費用を支払う。だがリブセンスでは、採用が決まるまでいっさい費用が発生しない成功報酬型。しかも求職者には祝い金まで支払うのだ。

 スタートからわずか2年あまりで、外食チェーンをはじめ、アパレルメーカーやパチンコチェーンなど大手企業が続々と導入。今では700社が求人を出し、月間100万人が利用している。

検索結果で上位掲載のノウハウ開発と
求職者への祝い金で成長

 そもそも村上が起業を意識し始めたのは小学生のとき。経営者だった両祖父へのあこがれもあった村上は、「将来は社長になる」と心に秘めていた。

 その思いは年を追うごとに強まり、着々と準備を進めていく。高校時代には、すでに簿記2級に加え、合格率が30%を切る超難関の国家資格、システムアドミニストレータ(情報処理技術者試験の一つ)の資格を取っていたほどだ。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2016年10月1日号 定価710円(税込)

特集 特集 凄いネスレ 世界を牛耳る 食の帝国

違いが分かる食の帝国を徹底解明!

【特集2】
2017年 新卒就職戦線総括
今年も「超売り手市場」が継続 選考解禁前倒しも競争は激化

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧