ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
魚食王国ニッポン~元気をつくる「浜のめし」 池田陽子

漁獲量8割減の町を救った“大トロあじ”の奇跡

池田陽子 [食文化ジャーナリスト/薬膳アテンダント]
【第17回】 2015年6月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
どんちっちアジ

 日本各地のブランド魚の名前といえば、産地の名前がついていることが多い。

 ところが産地の名前がついていないばかりか、いったいなぜ? という名前がついたブランド魚がいる。

 どんちっちアジ。

 なんだかかわいらしい名前のブランドアジは、全国トップクラスの脂の乗りを誇る、「アジの大トロ」、肉でいうなら「アジの松阪牛」ともういうべき、とんでもないアジだった。

漁獲量が10年で8割強も激減!
水産の町を襲った大ピンチ

 「どんちっちアジ」のふるさとは、島根県西部に位置する浜田市。山陰有数の漁獲高を誇り、国が重要漁港として指定する特定第3種漁港・浜田漁港を有する。暖かい対馬海流と島根冷水域といわれる深海の冷たく栄養に富んだ海水が混じりあい、魚のエサとなるプランクトンが多く発生する島根県西部沖で育まれた、豊かな海の幸が水揚げされている。

 ブランドアジ誕生のきっかけは、そんな浜田における未曾有のピンチ。予期せぬ「漁獲量の激減」だった。平成2年の約19万8000トンをピークに、大量に漁獲されていたイワシがパタリと獲れなくなったことからはじまって、平成13年には約3万4000トンまで激減。基幹産業が水産の町・浜田に大打撃を与えた。

 資源が枯渇するなか、魚価向上と地元水産業の活性化を目標に、全国に通用する「浜田ブランド」確立の声が上がった。

 これまで浜田ではブランド魚がないだけでなく、そもそも、その「名前」が表に出ることがなかった。

 「魚そのものは高い評価を得ていたのですが、おおむね市場では『山陰産』や、『島根県産』として表示されていたんです」

 こう振り返るのは、当時、浜田市水産課課長であり、現在は浜田魚商協同組合事務局長の石井信孝さん。

 おりしも平成15年に同市で開催が予定されていた天皇皇后両陛下がご臨席される「第23回全国豊かな海づくり大会」にあたって目玉を作る意味でも、ブランド化に取り組むべく、平成14年、浜田市内の水産関係団体や、行政、試験研究機関などからなる「浜田市水産物ブランド化戦略会議」が発足した。

 戦略会議では、ブランド化を目指す魚として、浜田を代表する「アジ」、「ノドグロ」「カレイ」の3つを選んだ。

 なかでも、注目されたのが徐々に漁獲量を伸ばしていたのがアジだった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

池田陽子[食文化ジャーナリスト/薬膳アテンダント]

宮崎生まれ、大阪育ちのアラフォー。立教大学卒業後、出版社にて女性誌、ムック、機内誌などの編集を手がける。取材を通して、カラダとココロの不調は食事で改善できるのでは?という関心から国立北京中医薬大学日本校に入学し、国際中医薬膳師資格取得。自身の体調の改善、美容効果などをふまえてふだんの暮らしの中で手軽に取り入れられる薬膳の提案や、漢方の知恵をいかしたアドバイスを、執筆、講習会などを通して行う。また、日本各地の食材を薬膳的観点から紹介する活動も積極的に取り組み、食材の新たな魅力を提案、発信を続け、食文化ジャーナリストとしての執筆活動も行っている。著書に「ゆる薬膳。」(日本文芸社)「缶詰deゆる薬膳。」(宝島社)、「『ゆる薬膳。』はじめたらするっと5kgヤセました!」(青春出版社)などがある。
■HP:www.yuruyakuzen.com
■Facebook:https://www.facebook.com/yoko.ikeda.79

また、鯖をこよなく愛し、日本全国・世界のさば、さば料理、さば缶を楽しみ、さば文化を語り、さばカルチャーを発信し、さばで日本各地との交流をはかることを趣旨に活動している「全さば連」(全日本さば連合会)にて外交担当「サバジェンヌ」としても活動中。
■全さば連HP:http://all38.com
■FACEBOOKページ:http://www.facebook.com/mackerel.cava  

 


魚食王国ニッポン~元気をつくる「浜のめし」 池田陽子

和食が世界遺産に認定され、改めて見直される「魚食文化」。日本各地にはさまざまなおいしい魚が水揚げされ、地元ならではの「魚料理」があります。この連載では日本各地の各種魚の産地を訪ね、「とっておきの漁師料理/ご家庭の魚料理/ご当地魚グルメ」を紹介。あわせて漁の様子、市場の風景など、おいしい「浜のめし」を支える人々の活躍をお届けします。

「魚食王国ニッポン~元気をつくる「浜のめし」 池田陽子」

⇒バックナンバー一覧