ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
シンプルに考える
【第16回】 2015年6月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
森川亮

LINE(株)CEOを退任した森川亮氏が明かす!
「恵まれない環境」の方が圧倒的に成長できる!

1
nextpage

「あれも大事、これも大事」と悩むのではなく、「何が本質なのか?」を考え抜く。そして、本当に大切な1%に100%集中する。シンプルに考えなければ、何も成し遂げることはできない――。LINE(株)CEO退任後、ゼロから新事業「C CHANNEL」を立ち上げた森川亮氏は、何を考え、何をしてきたのか?本連載では、待望の初著作『シンプルに考える』(ダイヤモンド社)から、森川氏の仕事術のエッセンスをご紹介します。

大企業で培った「やり方」は、ベンチャーでは役に立たなかった

 「予算が少ないから、結果を出すことができない」

 このような言い訳をする人で、仕事ができる人はいません。潤沢な予算を用意しても、彼らに結果を出すことはできない。僕はそう確信しています。

 もちろん、ビジネスをするうえでは、ヒト・モノ・カネなどのリソースが欠かせません。そして、現場の社員たちに必要なリソースを用意するのは経営の責任です。しかし、常に必要なリソースのすべてを用意することができるなどということはあり得ません。リソースはいつも足りない。それが、ビジネスの現実なのです。

 大切なのは、そのなかでいかに知恵を絞って結果を出すか。その試行錯誤のなかでこそ、本物の仕事力は鍛えられます。むしろ、リソースに恵まれた環境よりも、「何もない」くらいの環境のほうが、自分を成長させることができるのです。

 それを実感したのは、ハンゲーム・ジャパン株式会社に入社してからのことです。

 幸か不幸か、僕は大企業でキャリアを始めました。そのなかにいると、なかなか自覚できないのですが、大企業には実に豊富なリソースがあります。そのため、仕事が非常にやりやすい。たとえばマーケティング。日本テレビにいたころは、プレスリリースを出すだけで多くのメディアが取り上げてくれました。当時は予算も豊富にありましたから、広告枠も簡単に押さえることができました。

 ところが、僕が入社した当時のハンゲーム・ジャパン株式会社では、そういうわけにはいきません。マーケティングを強化したいと思ったのですが、無名の会社でしたから、プレスリリースを出してもほとんど相手にされません。もちろん、広告を出せるような予算もありません。それまでに培った僕のやり方は、ほとんど役に立たなかったのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術

コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術

Shin 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
たった1年で、ド落ちこぼれを外資系コンサルティングファームのマネジャーにまで成長させた超実践的成長ノウハウ! 「指摘のドラフトメール一元化」「最強のTodoリスト」……などコピー取りすらろくにできなかった20代の若手コンサルタントが、自分を変えるために必死で考えたオリジナルの7つの仕事術を紹介。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、7/16~7/22)



森川亮 

1967年神奈川県生まれ。1989年筑波大学卒業後、日本テレビ放送網に入社。幼少時から一貫して音楽を続けてきたこともあり、音楽番組の制作を希望するもコンピュータシステム部門に配属。本格的にコンピュータを学ぶ。インターネットの登場に刺激を受け、ネット・ビジネスに傾倒。ネット広告や映像配信、モバイル、国際放送など多数の新規事業立ち上げに携わる。仕事のかたわら青山学院大学大学院にてMBAを取得。2000年にソニー入社。ブロードバンド事業を展開するジョイントベンチャーを成功に導く。2003年にハンゲーム・ジャパン株式会社(後にNHN Japan株式会社、現LINE株式会社)入社。4年後には日本のオンライン・ゲーム市場でナンバーワンとなる。2007年に同社の代表取締役社長に就任。2015年3月にLINE株式会社代表取締役社長を退任、顧問に就任。同年4月、動画メディアを運営するC Channel株式会社を設立、代表取締役社長に就任した。


シンプルに考える

「あれも大事、これも大事」と悩むのではなく、「何が本質なのか?」を考え抜く。そして、本当に大切な1%に100%集中する。シンプルに考えなければ、何も成し遂げることはできない――。LINE㈱CEO退任後、注目の経営者がはじめて明かす「仕事の流儀」!

「シンプルに考える」

⇒バックナンバー一覧