ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
 これならわかるよ!経済思想史
【第7回】 2015年7月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

ドイツ圏、英国、フランスでほぼ同時に、
人の欲望を数値化しようと新古典派経済学が出発
【新古典派経済学】

1
nextpage

さて今回からは、マルクス経済学とほぼ同時期にうまれた新古典派経済学について紹介していきます。新古典派の皮切りといえる限界効用理論を説明する前に、ドイツで主流だった歴史学派から解説していきます。

 古典派経済学では、放っておけば需要と供給が一致する市場の均衡点で最適な価格と数量が決まる、と考えるのでしたね。さらに、最初に販売するときの価値(価格)は、投下する労働量で決定される、とする労働価値説はマルクス経済学でも踏襲していました。

 しかし、ベーム=バヴェルクが指摘していたように、熟練工と未熟練工では同じ労働時間でも価値は違うはずです。そこで、発想をまったく変えて、買う側(需要側)の欲望の度合いが価値を決めるのではないか、と考える経済学者が出てきました。同時に、数量を扱う経済学にとっては数学が重要だとする経済学者も増えてきます。

 こうして、人間の欲望を数学で理論化しようという研究が始まります。これが新古典派経済学の出発点です。

 経済学史では、新古典派経済学の皮切りは1871年、限界効用理論(後述)の登場です。なんと3ヵ国の3人の経済学者からほぼ同時に同じ理論が発表されます。これ以降に発展した新古典派経済学が、現代の主流経済学となっています。

 舞台は19世紀末、英国、ロシア、フランス、ドイツ、オーストリア、オスマン帝国の利害が衝突し、またそれぞれの帝国の内部では被支配地域で民族独立運動や社会主義運動が激化していた動乱の時代です。マルクスがロンドンで『資本論』第1巻を出版したころであり、英国の代表的な古典派経済学者であるJ・S・ミルが自伝を書いた時期でもある。

 古典派経済学は欧米の大学で広く教えられていましたが、ドイツだけは状況が違っていました。

 人口が多く領域も広大なドイツ圏では、1871年のドイツ帝国の成立前後の主流は古典派ではなく、ドイツ歴史学派の経済学でした。歴史学派はベルリン大学など、有力な大学で強い影響力を持っていました。新古典派を説明する前に、歴史学派を避けて通れないので、ここから話を始めます。

 マルクス派のヒルファーディンクと新古典派のベーム=バヴェルクの論争を先んじて紹介しましたね。19世紀末から20世紀初頭のドイツ圏では歴史学派と新古典派が並立し、マルクス経済学も力をもってきました。英国やフランスより複雑だったのです。

受講者 ドイツ圏とは、ドイツのプロイセンやバイエルンといった多くの王国と、ハプスブルク家が支配するオーストリア帝国のことでしょうか。どうしてドイツだけ古典派経済学やマルクス経済学ではなく、歴史学派が主流になったのですか。

 ドイツは国民国家として統一されるのが遅かったからです。幕藩体制から明治維新を経て日本が近代国家となった時期も同じです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

1954年生まれ。78年早稲田大学政治経済学部卒業後、ダイヤモンド社入社。「週刊ダイヤモンド」編集長などを経て現職。著書に『複雑系の選択』『めちゃくちゃわかるよ!経済学』(ダイヤモンド社)『浦安図書館を支える人びと』(日本図書館協会)など。


これならわかるよ!経済思想史

3つの主要思想「新古典派経済学」「ケインズ経済学」「マルクス経済学」が一気につかめる!
経済思想史というのは、経済現象や経済行為の背景にある考え方の変遷です。
経済学の理論も、経済思想史を知ることで胸にストンと落ちるし、
世界の政治や経済が動くメカニズムへの理解もグッと深まるのです。

「 これならわかるよ!経済思想史」

⇒バックナンバー一覧