IoTがビジネスを変える!|ダイヤモンド・オンライン
ビジネスモデルの破壊者たち
【第351回】 2015年7月2日
著者・コラム紹介 バックナンバー
瀧口範子 [ジャーナリスト]

荷物の場所、状態が手に取るようにわかる
フェデックスの配送IoT技術

フェデックスの「センスアウェア」のセンサー。パッケージの中にこのプレートを入れてトラッキングする
Photo by Noriko Takiguchi

 IoTと言えば、とかく家や工場などで役に立つ技術と思われがちだが、「移動中」のものも、インターネットにつなげてそのデータを取得することが有益だというケースが、フェデックスの「センスアウェア(SenseAware)」だ。

 センスアウェアは、フェデックスが2009年に発表、実際の商用サービスは2012年から開始したもの。荷物のパッケージをインターネットに接続させて、常時その状態をモニターすることができる。

 モニターするためには、パッケージの中にセンスアウェアの機器を入れる。これは10センチ四方ほどの四角く平たいデバイスで、ここにGPS受信機や各種センサーが搭載されているのである。これによってわかるのは、「現在位置」「温度」「光への露出」「湿度」「圧力」などである。

配送ルートを外れれば
スマホにアラートが届く

 たとえば、現在位置ならば、ほぼリアルタイムで今どこにそのパッケージがあるかがわかる。今でもフェデックスをはじめとした配送業者はトラッキングサービスを行い、どこに荷物があるのかを確かめられるようにしている。だが、このトラッキングは配送のプロセスの中で要所に到着、出発した際に登録されているデータに過ぎない。

 一方、センスアウェアの場合、インターネットでアクセスできるのはパッケージそのものの位置だ。飛行機に乗っている間もトラックで運ばれている間も、その位置が正確にわかる。その上、予定のルートから離れることがあったりすれば、ユーザーにアラートが届く仕組みがある。商品が間違った場所へ運ばれたり、あるいは盗まれたりすれば、すぐに事態が把握できるのだ。

 このルートは、ジオ・ルートという設定であらかじめ指定することができ、またジオ・フェンスという設定ではある地域を指定し、その範囲を超えるようなことがあれば、やはりアラームが発信されるしくみだ。配送中に商品がなくなるというケースはよくあるのだが、このセンスアウェアを入れていれば、それを未然に防いだり、すぐに対処したりできる。

  • 1
  • 2

SPECIAL TOPICS

瀧口範子 [ジャーナリスト]

シリコンバレー在住。著書に『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』(共にTOTO出版)。7月に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか?世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』(プレジデント)を刊行。


ビジネスモデルの破壊者たち

シュンペーターの創造的破壊を地で行く世界の革新企業の最新動向と未来戦略を、シリコンバレー在住のジャーナリストがつぶさに分析します。

「ビジネスモデルの破壊者たち」

⇒バックナンバー一覧