ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

あなたの周りに、休日出勤や寝不足を自慢するような人はいないだろうか。このような「社畜的価値観」の持ち主は、仕事ばかりしている分ビジネスパーソンとしての市場価値は高いように見える。しかし、労働市場では評価されることが少ないのだ。今まで50万人のビジネスパーソンの市場価値を測定してきた、藤田聰氏に聞いた。

いくら社に忠誠を誓っても
市場価値は上がらない

 社員と家畜を組み合わせた「社畜」という言葉がある。匿名掲示板などで目にすることが多い。正確な定義はもちろん決められていないが、ここでは「自分の時間のほとんどは仕事に捧げるべきだ」という価値観を持っている人、とする。平日夜間はもちろん、休日も働く。

 「ワークライフバランス」が重要だと言われる昨今、何とも時代錯誤な話だが、まだまだ一定数は存在するようだ。私は管理職研修などでいろんなビジネスパーソンと飲むことが多く、本音を聞く機会がある。酔うと「終電まで働くヤツはエライ、早く帰るヤツは根性が足りない」「徹夜で働く俺はスゴイ」といったような「社畜的価値観」があらわになる人はかなり多い。休日出勤や寝不足を自慢げに語る人は、読者の皆さまの周りにもいるのではないか。

 「社畜」を揶揄すると「俺らのおかげで日本経済は回っているんだ」「これがうちの会社の常識なんだ」「自分の時間なんだから好きにさせろ」「自分1人の力ではどうにもならないんだ」という反論が聞こえてきそうだ。それでも私は声を大にして言いたい。深夜残業ばかりしている「社畜」の市場価値は低いということを。

 他人の価値観をとやかく言うつもりはないが、少なくとも労働市場において「社畜」は評価されない。自社でしか通用しないスキルばかり磨いているからだ。確かに、市場で評価されるスキルを意識的に磨いている人もいるだろう。ただ「社畜的価値観」を持っている人の多くは、「社内の人間関係の把握・構築」などの、転職したら使えないスキルばかり磨いている。これでは、いくら働いている時間が長くても、市場価値の向上は見込めない。その会社と運命を共にするというのなら止めないが、倒産したり、会社に見限られたときに困るのは自分だ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
超・箇条書き

超・箇条書き

杉野幹人 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2016年6月

<内容紹介>
情報技術の最先端シリコンバレー、世界最高峰のMBAスクールINSEAD、世界的な戦略系コンサルATカーニー。世界の最前線で、人や企業を動かす超一流は何をしているのか。その答えは、「Bullet Points(ビュレットポイント)」と呼ばれる“箇条書き”によるコミュニケーションだった!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、6/12~6/18)


注目のトピックスPR


藤田聰(ふじた・さとし)

株式会社企業変革創造代表取締役社長。市場価値測定研究所所長。慶應義塾大学大学院経営管理研究科専修(修士課程)。日本IBM、組織人事コンサルティング会社役員を経て独立、現職。 「日本企業特有の人間関係構築スキル」は労働市場では無価値であることを伝えるため、市場価値を数値化したモデル「市場価値測定テスト」を開発。日立製作所などをはじめとした大企業で働くビジネスパーソンのキャリア設計に携わる。著作に『あなたのホントの「市場価値」教えます』(祥伝社)など。


夢は目標ではなく、成長の手段である。

あなたの「市場価値」がいくらか、考えた事はありますか?
ちょっとした心がけで、労働市場で評価される人間になることは可能なのです。
今まで日立製作所などで50万人のキャリア開発と設計に携わってきた藤田聰氏に、
「市場価値」の上げ方を解説していただきます。

「夢は目標ではなく、成長の手段である。」

⇒バックナンバー一覧