ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
元銀行マンの准教授が語る 「腹に落ちる」環境学

環境問題が進展しないのは「言葉」のせいだった? 行動に結びつかない、「環境」という言葉の曖昧さ

――「環境」という言葉に命を吹き込むには?

見山謙一郎 [立教大学AIIC特任准教授/フィールド・デザイン・ネットワークス代表]
【第7回】 2009年12月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 “今年の漢字”に「新」が選ばれました。決して明るいとは言えない世相の中、この字を見て前向きな気持ちになれた方も多かったのではないでしょうか。「言葉」には、人の気持ちを動かす不思議な力があるようです。

 また、先日発表された今年の“新語・流行語大賞”には、「政権交代」が選ばれました。新語・流行語と聞くと、その時期多くつかわれるものの、賞味期限が短く、いつの間にか忘れ去られている言葉との印象を受けます。しかし、過去の受賞を振り返ってみると、その時代や世相を反映した、「時代が生み出した言葉」であることにあらためて気付かされます。一方、これらの言葉は、脈々と次の時代へと引き継がれていく、いわば「時代の起点となる言葉」である、という側面があることも見逃せません。今年起きた出来事からは、特にそのことを強く感じました。

 今年、「政権交代」で大賞を受賞した鳩山由紀夫首相は、民主党党首時代の1996年に「友愛」という言葉で、同じく大賞を受賞しています。まさに、13年越しの夢の実現といったところでしょう。しかし、「政権交代」を「起点」と捉えるならば、真価が問われるのは、まさにこれから、ということになります。

 また、今年の男子プロゴルフツアーで世界最年少の賞金王になった石川遼選手は、2007年に「ハニカミ王子」で、大賞を受賞した後、わずか2年で日本ゴルフ界の頂点に立ちました。しかし、こうした活躍にもかかわらず、今年の新語・流行語に遼君は選ばれていません。これにはきっと意味があって、遼君が世界の頂点に立った時に生み出されるであろう言葉とともに、われわれは「ハニカミ王子」が「起点」であったと、後から気付かされるのだと思います。

環境問題が進展しない理由は
「言葉」のせい?

 環境ブームといわれる昨今、さぞかし多くの環境関連用語がこの賞を受賞してきたのだろうと思い、探してみました。しかし結果は、思いのほか少なかったのです。環境関連用語が“新語・流行語大賞”にデビューしたのは、1990年のことです。この年は四季を通じて異常気象の連続で、「気象観測史上(はじめての・・・)」という言葉が気象予報番組で多く使われ、年間多発語句賞(特別賞)を受賞しています。

 偶然というか、必然というか、1990年とは、京都議定書の基準年度です。今年の9月に国連で鳩山首相が「25%削減」と表明した演説も、この年が基準となっています。新語・流行語に環境関連用語が初登場した1990年が、言葉の上でも「環境時代の起点」となる年だったのです。

 しかし、この言葉はいまも頻繁に耳にすることが多いですし、むしろ最近耳にする機会は増えたような印象すらあります。こうした点からも、気候変動の状況は1990年よりも悪い方向に向かっていることが実感できるのではないでしょうか。

 その後、環境関連用語は「環境ホルモン(1998年)」「クールビズ(2005年)」が年間トップテンに入ったくらいで、未だ環境問題は言葉的にも「起点に止まったまま」といえます。たかが「言葉」の話と思うかもしれませんが、環境問題に対する具体的行動が進展しない理由は、「言葉」の問題も大きいと思うのです。

単独では行動を誘発しない
「環境」という言葉の曖昧さ

 皆さんは、「自然環境」という言葉を聞いて、どのようなイメージを持つでしょうか? 四季折々の美しい自然美や、森林や川のせせらぎをイメージする人もいれば、手入れの行き届かない荒廃した森林や、よどんでしまった川をイメージする人もいるでしょう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

見山謙一郎 [立教大学AIIC特任准教授/フィールド・デザイン・ネットワークス代表]

1967年生まれ、埼玉県出身。90年立教大学法学部を卒業後、住友銀行(現三井住友銀行)に入行。05年立教大学大学院ビジネスデザイン研究科修了(MBA)。同年10月に三井住友銀行を退職し、Mr.Childrenの桜井和寿等が設立したNPOバンク(ap bank)に理事として参画。09年2月に株式会社フィールド・デザイン・ネットワークスを設立し、代表取締役に就任。企業や金融機関に対する戦略・企画コンサルティングを行う。専門は、循環型(環境)ビジネス、ソーシャルビジネス、BOPビジネス及びファイナンス。立教大学AIIC「立教グラミン・クリエイティブラボ」副所長。多摩大学経営情報学部非常勤講師。
☆ご意見・お問合わせはこちら  ☆Twitterアカウント:ken_miyama


元銀行マンの准教授が語る 「腹に落ちる」環境学

ちまたにあふれる環境ニュースやキーワードの数々。近年のエコブームで「地球にやさしい」というところで思考停止してしまい、その本質を理解できていない人は意外と多い。当連載では、国やメディアに先導されたままの環境キーワードを取り上げ、「論理」と「感性」の両方を満たす、真の環境リテラシーについて考える。

「元銀行マンの准教授が語る 「腹に落ちる」環境学」

⇒バックナンバー一覧