ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

武田薬品の引き抜き外国人電撃辞任に高報酬「もらい逃げ」の声

週刊ダイヤモンド編集部
2015年7月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
株主総会は、天候と違い“荒れ模様”とはならなかったが…… Photo by Hiroaki Miyahara

 「株主の皆さまには、ご心配、ご迷惑を掛けて誠に申し訳ない」

 製薬大手、武田薬品工業の定時株主総会が開かれた6月26日。長谷川閑史会長は、株主たちを前にそう謝罪した。

 武田は、総会直前になって議案を修正するという赤恥をかいていた。総会のわずか2日前、再任予定だった武田初のCFO(財務最高責任者)、フランソワ・ロジェ氏が電撃退任したのだ。

 ロジェ氏は、2017年度までに1200億円のコスト削減を目指す「プロジェクト・サミット」のタクトを振った外国人幹部だ。「人事のグローバル化」にまい進する長谷川会長が、海外企業からロジェ氏をCFOに引き抜いたのは一昨年の9月、取締役就任は昨年6月だ。それからわずか1年たたずして、スイスの食品大手、ネスレに引き抜かれた。

突出する武田の役員報酬

 「もらい逃げではないか」──。総会に出席した武田関係者でもある株主の1人はそう憤る。ロジェ氏の昨年度の役員報酬は3億円超。「プロジェクト・サミット」開始2年で、削減額620億円という実績を残したものの、高給を食みながら道半ばで投げ出した格好だ。

 「口では『タケダイズムを踏襲する』と言うが、結局、金で連れてきた者は金で出ていく」と、この株主は現経営陣に不信を隠さない。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧