ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

セイコーが半導体事業を分社
提携先候補にルネサスも浮上

週刊ダイヤモンド編集部
2015年7月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
かつてセイコーHDの利益の中核となっていたSII。2014年には東芝元専務の藤井美英氏を会長に迎え海外事業拡充を目指していた Photo:JIJI

 知る人ぞ知る企業が次なる半導体再編の台風の目となるかもしれない。セイコーホールディングス(HD)傘下の半導体事業子会社、セイコーインスツル(SII)が、事業を分割し日本政策投資銀行との合弁会社として新たに編成し直すと発表したのだ。7月中にも正式契約を結び、2015年度第3四半期中の会社設立を目指すという。

 SIIはもともと時計関係の半導体をセイコー向けに開発・生産していた企業。売上高は14年度で961億円と半導体メーカーとしては中堅規模だが、消費電力が少ないアナログ半導体や、リチウムイオン電池の制御用半導体などの特殊な分野で強みを持ち、モバイル、ウエアラブル、車載などの市場で存在感を発揮している企業だ。

 そのSIIが政投銀の出資を入れて、半導体事業を外に出すことにどんな意味があるのか。

 SIIと政投銀は今回、合弁会社への政投銀の出資比率を60%とし、ゆくゆくは70%に高めることを決めている。また「同業他社との提携や外部のプロ経営陣の招聘なども視野に、今後成長に必要な大規模な設備投資やR&D(研究開発)を行うための体制をつくる」(政投銀)という。SIIでも「新会社で行う再編で、アナログ半導体では世界5位以内を目指す」としており、鼻息は荒い。

次のページ>> 再編最終章は秋か
1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月28日号 定価710円(税込)

特集 劇変世界を解く 新地政学

世界史の大転換が始まる

【特集2】
銀行界も戦々恐々
コンビニATM戦争

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧