ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
戦後70年 国家の岐路――櫻井よしこの「論戦」
【第2回】 2015年7月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
櫻井よしこ [ジャーナリスト]

心強い日本の女性たちが
憲法改正を後押ししている!
戦後70年の節目に、日本人が改めて認識すべきこと(2)

1
nextpage

2015年は戦後70周年の節目にあたる。7月16日には「安全保障関連法案」が衆議院で可決された。
ジャーナリスト・櫻井よしこ氏によれば、日本人はいま普通の民主主義国家になれるかどうかの岐路(分かれ道)に立っているのだという。
新刊『戦後七〇年 国家の岐路―論戦2015』を発表した櫻井氏に「いま始まりつつある憲法改正への動き」について語っていただいた。

 

日本国憲法を改正するうえで、
「女性の視点」は欠かせない

東京の憲政記念館で「美しい日本の憲法をつくる国民の会」(以下、美しい憲法の会)の発足式が行われたのは、2014年10月1日のことだった。

これは、2016年7月をめどに憲法改正を目指す人々の会である。

私は代表世話人の一人だが、憲法改正の重要性を説いていく役割の世話人、43人中13人、3分の1弱が女性だった。

この種の会は硬派の男性が中心軸になりがちだが、美しい憲法の会は多くの女性たちが参加したことでこれまでとは異なる。

いま、国会では、憲法改正の発議に必要な衆参両院における3分の2の支持が固まりつつある。
私たちは戦後初めて、本当に、憲法改正が可能な局面に立とうとしている。

憲法改正で日本をまともな独立国に作り直していくとき、女性の参加と視点がこの上なく重要である。多くの女性たちが集ったことはその意味で素晴らしかった。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


櫻井よしこ [ジャーナリスト]

(さくらい・よしこ)ベトナム生まれ。ハワイ州立大学歴史学部卒業。「クリスチャン・サイエンス・モニター」紙東京支局員、アジア新聞財団「DEPTH NEWS」記者、同東京支局長、日本テレビ・ニュースキャスターを経て、現在はフリー・ジャーナリスト。1995年に『エイズ犯罪 血友病患者の悲劇』(中公文庫)で第26回大宅壮一ノンフィクション賞、1998年には『日本の危機』(新潮文庫)などで第46回菊池寛賞を受賞。2007年「国家基本問題研究所」を設立し理事長に就任。2011年、日本再生へ向けた精力的な言論活動が高く評価され、第26回正論大賞受賞。2011年、民間憲法臨調代表に就任。 著書に『論戦』シリーズ(ダイヤモンド社)、『「正義」の嘘』(花田紀凱氏との共著)『日本人のための憲法改正Q&A』(以上、産経新聞出版)、『日本の敵』(新潮社)、『日本人に生まれて良かった』(悟空出版)など多数。


戦後70年 国家の岐路――櫻井よしこの「論戦」

【節目の年、神風が吹いている】
この国に蔓延する「俗論」を人気ジャーナリストが一刀両断!! 中国が力づくで他国の領土や海を削り取り続け、一向にその蛮行を止めようとしない。諸国は中国の脅威を切実に感じ取り、日本に対して普通の民主主義国となって、アジアを支えてほしいと切望している。安倍首相と日本にとってまさに神風が吹いているのである。いまほど世界が日本を求めている時代はない。

「戦後70年 国家の岐路――櫻井よしこの「論戦」」

⇒バックナンバー一覧