ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
プレゼンは「目線」で決まる ― No.1プレゼン講師の 人を動かす全技術
【第10回】 2015年7月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
西脇資哲

プレゼンがうまい人は「接続詞」を
発すると同時に、あることをやっている
シャイな日本人でもできるプレゼン中のジェスチャー(3)

 発売直後から売れ行き好調の『プレゼンは「目線」で決まる』の著者である西脇資哲氏は、日本マイクロソフトのエバンジェリストおよびプレゼン講師として、年間250日におよぶ講演・セミナーを行っている。そこで教えられている「実証済み」メソッドの数々を紹介していく。

7割の時間は「聞き手」のほうを見なくていい

前回、前々回とプレゼン中のアクションについて解説していますが、ここで『プレゼンは「目線」で決まる』の主題でもある目の動きにも触れておきましょう。

といっても、ここでお話しするのは、聞き手の目線ではなく、プレゼンター自身の目線をどのようにコントロールするかということです。

よくプレゼンの解説本には「観客のほうを見るようにしましょう」などと書かれていますが、聞き手のほうをずっと見ながら話すのはかなり難しい。かなりの熟練が必要です。

むしろ私の経験では、要所要所で聞き手のほうを見るだけで十分です。
最終的にはほとんどの時間を聞き手のほうを見ながらできるといいのですが、まずは、全プレゼン時間の3割程度は聞き手のほうを見ている状態を目標にしてください。
たった3割と考えてみてください。7割は聞き手に目を向けなくていいのです。

聞き手に目を向けるのは「接続詞」のタイミング

ではどんなときに目線を上げればいいかというと、接続詞(的な言葉)が出てくるタイミングです。

 「ここまでは順調に来ていました。ところがですね(→目線を上げる)……」
「ついに業界1位になったわけですが、そのとき(→目線を上げる)……」
「これはP2Pの仕組みを利用しています、つまり(→目線を上げる)……」

接続詞が出てきたタイミング、とくに逆接などで「続きが気になる」タイミングでは、聞き手も思わず目線を上げます。

また、たいていの場合、接続詞はスライドにはわざわざ書かないことがほとんどですから、ここで自信を持って顔を上げるようにしてください。

そのときにプレゼンターが聞き手のほうに視線を向けていれば、「あ、この人はこちらを見ながら話してくれているな」という印象を与えることができます。

実際、テレビドラマや映画の主人公を見ていると、しばしば接続詞的なセリフのときに振り向いたり、目を上げたりするカットが入っていることがあります。これらは臨場感を高める演出なのでしょう。

さらに体や視線の「向き」も
意識してみよう

慣れてきたら、接続詞を口にするごとに視線の向きや身体の向きを変えてみましょう。私自身もこれは頻繁にやっています。

せっかくですので、次の文章を読みながら「さらに」「最後に」という言葉で目線を上げるイメージをつかんでみてください。

 「ただいまこちらの製品を紹介いたしました。
さらに(→目線を上げる)続いてご紹介したいのがこの新製品です」

 「本日は弊社のサービスについてお話ししてまいりましたが、
最後に(→目線を上げる)実施中のキャンペーンのご説明をさせてください」

慣れないうちは、紙の資料やスライドを見ながらになってしまうと思いますが、まずは「接続詞のタイミングで目線を上げる」ことから意識してみてください。

こうした小さな努力を続けていけば、次第に聞き手のほうを見ながら話すことに慣れていきます。

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


西脇資哲 [日本マイクロソフト エバンジェリスト]

(にしわき・もとあき)
日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員/エバンジェリスト
1969年生まれ。岐阜の小さなシステム会社でプログラマーとしてモニター画面に向き合う日々を過ごしつつ、ひそかにプレゼン技術の研究を重ねる。96年、日本オラクルに入社し、プロダクトマーケティング業務を経験。その後、IT業界屈指のプレゼンターとして頭角を現す。09年、マイクロソフトに入社後、マイクロソフト製品すべてを扱う唯一の日本人エバンジェリストとして活躍。2014年より業務執行役員。
また、独自のプレゼンメソッドが口コミで広がり、全国から講演・セミナー依頼が殺到。「年間250講演、累計5万人以上・200社以上が受講」という圧倒的実績を持つNo.1プレゼン講師としても知られている。三井住友海上、日立製作所、NHK放送研修センター、JT、富士通、サイボウズ、ルネサンス、クレハ、日本ユニシス、国会議員、環境省、立命館小、筑波大附属駒場中・高など、大手上場企業から初等教育の現場にいたるまで、幅広い層の「伝える力」向上に貢献。また、2010年より継続開催中の「エバンジェリスト養成講座」では、定員が即座に埋まるほどの人気を誇る。
著書に『エバンジェリスト養成講座』(翔泳社)、『エバンジェリストの仕事術』(日本実業出版社)がある。

[Twitter]@waki twitter.com/waki
[Facebook]西脇 資哲 www.facebook.com/mnishiwa


プレゼンは「目線」で決まる ― No.1プレゼン講師の 人を動かす全技術

IT業界屈指のプレゼンテーターとして知られる、マイクロソフトのカリスマ・エバンジェリスト西脇資哲氏。彼には「プレゼン講師」というもう一つの顔がある。なんと年間250回以上のプレゼン研修・講演をこなしているという西脇氏。そんな圧倒的な研修実績に裏打ちされた「プレゼンテーション技術の王道」やそれにまつわるエピソードを語る!

「プレゼンは「目線」で決まる ― No.1プレゼン講師の 人を動かす全技術」

⇒バックナンバー一覧