ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊
【第79回】 2015年7月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
小栗正嗣 [週刊ダイヤモンド編集部論説委員]

役員報酬が10億円を突破!
カリスマ経営者の経営哲学と人生観
『ルネッサンス――再生への挑戦』

1
nextpage

決算シーズンがひと段落しました。2015年3月期でひときわ話題を引いたのは、10億3500万円という巨額の役員報酬を受け取ったカルロス・ゴーン日産社長兼CEOではないでしょうか。今回ご紹介する『ルネッサンス――再生への挑戦』には、彼の半生が事細かく書かれています。その内容を少しお見せしましょう。

役員報酬はトヨタ社長の3倍!
人気が衰えないカルロス・ゴーン氏

カルロス・ゴーン著、中川 治子訳『ルネッサンス――再生への挑戦』2001年10月刊。日産リバイバルプランの成果が出始めた頃に刊行され、大きな話題となりました。

 6月23日に開かれた日産自動車の株主総会――。フランス・ルノーのCEOも兼務する社長兼CEO、カルロス・ゴーン氏への巨額報酬が話題となった。2015年3月期に支払われた役員報酬は米ドルベースでは前期の980万ドルから840万ドルに減少したものの、日本円ベースで10億3500万円と初めて10億円の大台にのったのである。

 「史上最高益のトヨタ(2015年3月期の豊田章男社長への報酬は約3億5000万円)の3倍近くでは」といった不満の声も聞かれたが、総会後の懇親会では、記念写真を撮ろうという株主に囲まれ、いつもどおりの人気ぶりだった。

 1999年3月、ルノーとの資本提携に伴って日産に送り込まれたカルロス・ゴーン氏は同年6月にCOOに就任、10月には日産リバイバルプランを発表し、2001年3月期には同社業績をV字回復させる離れ業をやってのけた。

 一時、倒産危機も取りざたされた日産。ルノーとのと提携当初は「弱者連合」とされ、「提携はうまくいかないだろう」と見る向きが多かったものである。

 「本当にできるのか?」という疑いの目を撥ね退け、「3つの必達目標(注)のうち、いずれか1つでも達成できなければ辞任する」(注:(1)2000年度の黒字化、(2)2002年度営業利益率を最低4.5%へ、(3)2002年度有利子負債は7000億円以下に)と宣言。「私はこの目標達成にすべてをかけている」と言い切っていた。

 ゴーン氏の後、ソニーのハワード・ストリンガー氏、日本板硝子のスチュアート・チェンバース氏、オリンパスのマイケル・ウッドフォード氏と次々と登場した“外国人社長”はそれぞれ引責辞任、短期退任、解任の憂き目に会あっている。彼らと違ってゴーン氏は必達目標を前倒し達成し、内外の信頼を勝ち得た“プロの経営者”だった。そんな彼の自伝が本書『ルネッサンス――再生への挑戦』である。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


小栗正嗣 [週刊ダイヤモンド編集部論説委員]

1963年長野県生まれ。早稲田大学法学部卒業後、1987年ダイヤモンド社入社。『週刊ダイヤモンド』編集長を経て、2014年より現職。


いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊

ダイヤモンド社は2013年5月1日に創立100年を迎えることになりました。雑誌を追う形で始まった書籍事業も、ビジネスジャンルを中心に刊行点数は1万点を優に超えています。

書籍は、その時々の経済環境や流行など世相を色濃く反映しているものが多数を占めますが、時代を超えて読み継いでもらいたい名著が、私達の書棚にはたくさん並んでいます。

本連載は100周年を記念し、普遍の名著と呼ばれる作品から、今だからこそ読みたい隠れた名作まで、有名無名織りまぜた100冊を紹介していきます。ダイヤモンド社が誇るベテラン執筆陣の、単なる書評にとどまらない論説をご期待ください!

 

「いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊」

⇒バックナンバー一覧