ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
アメリカ、ロシア、中国、イスラム圏を知ればこの複雑な世界が手に取るようにわかる
【第4回】 2015年8月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
惠谷 治 [軍事ジャーナリスト]

台湾の独立はどうなるか

1
nextpage

新聞やTVの断片的な情報だけでは、めまぐるしく変わる世界情勢は根本的には理解できない。ニュースの前に、知っておくべき基礎知識というのがある。
私の『アメリカ、ロシア、中国、イスラム圏を知れば、この複雑な世界が手に取るようにわかる』という著書の中で、この「知っておくべき」基礎知識を集めたが、今回は台湾についてざっとおさらいする。

台湾の独立はどうなるか

 日清戦争の末、1895年に台湾は日本に割譲された。そして、日本が1945年に第2次世界大戦で無条件降伏するまでの50年間、台湾は日本の統治下にあった。

 行政、司法、教育などすべての社会システムは日本式で、インフラ整備も日本政府によって行われた。

 第2位次世界大戦後、台湾は中華民国(国民党)に接収されたが、その中華民国は1949年に毛沢東率いる共産党との内戦に敗れた。そのときの国民党のトップである蒋介石は台湾に避難した。

 しかし、台湾は日本が統治する前から中国とは違った文化圏であったので、そのときの国民党は避難というより占領した形となった。中華民国は亡命政権でありながら、台湾という領土を実効支配し続けるという特殊な状況となった。

 戦後50数年間、台湾では国民党政府による強権政治が続いた。言論の自由などは、内省人である李登輝総統が、歴史上初めて選挙で選ばれてから認められたのである。内省人とは台湾生まれの人を指し、大陸から渡ってきた国民党員などの外省人に対する言葉である。

 台湾独立を目指す李登輝前総統によれば、独立派と中国との統合派が3割ずつで、残り4割が態度未定という。

 ちなみに、国民党は「もう中国本土を取り戻すのは難しいから、自治を認めてもらったうえで中国と統合しよう」と思っているが、2014年の「一国二制度」が否定された香港のデモにより、統合についての考えに影響を受けている。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


惠谷 治 [軍事ジャーナリスト]

1949年、東京生まれの尾道育ち。早稲田大学法学部卒。早大探検部OB。卒業後はアラブ、アフリカなどイスラム圏の戦場や紛争地帯、東西冷戦中は主としてソ連を中心に共産圏を取材する。
民族紛争、軍事情報に精通するジャーナリスト。綿密な取材と、独自の情報源による正確な分析力に定評がある。特に北朝鮮問題に関する分析は、海外のメディアからも注目を集めている。
防衛庁防衛研修所非常勤講師、青山学院大学非常勤講師、早稲田大学アジア研究所客員教授などを歴任。現在、海上保安庁政策アドバイザー、特定失踪者問題調査会常務理事、救う会「拉致の全貌と解決策調査プロジェクト」メンバー、早稲田大学アジア研究所招聘研究員。『西サハラ』『世界危険情報大地図館』『アフガン山岳戦従軍記』『世界テロ戦争』『北朝鮮はどんなふうに崩壊するのか』など著書多数。


アメリカ、ロシア、中国、イスラム圏を知ればこの複雑な世界が手に取るようにわかる

ポイントとなる「歴史」「現代の事件」さえ知っておけば、今と未来がわかり出す!
日々のニュースで流れてくる問題を知ろうとするなら、ニュースのことだけでなく、それに関係する国々の事情も知っておく必要がある。今、世界は複雑になりすぎていて、ニュースから読み取れる断片的な情報では、本質的な意味は分かりづらい。 ニュースを読む力をつけるために、いちばん手っ取り早いのは、「アメリカ」「ロシア」「中国」「イスラム圏」の4つの歴史と状況を知っておくことである。軍事ジャーナリストとしての経験の中から、最低限知っておけばいいトピックスを紹介する。

「アメリカ、ロシア、中国、イスラム圏を知ればこの複雑な世界が手に取るようにわかる」

⇒バックナンバー一覧